太陽の恩恵は絶大です!日照時間の減少は生活に影響がでますね(;^_^A

気が付けば10月も中旬です。

8月にブログを書いてから、またしばらく時間が経ってしまいましたが、あっという間に10月です(;’∀’)

しかも、9月は残暑を感じる間もなく一気に気温が下がっています・・・

思えば、8月後半から9月いっぱい、台風が大量発生し太陽を拝む日が極端に少なかったですよね(-_-;)

日光が降り注がないことで、いろんな弊害が出てきます。

まず、身体の「バイオリズム」が狂います。

人間および地球の生物は、ほとんどが太陽の光で身体を調節しています。具体的にはここでは書きませんが、生活リズムを整える基準となったり、いわゆる太陽の光は、生物の生活を司っています(^^)

 

スポンサーリンク

 

次に「体内異常」を誘発しやすくなります。

これはバイオリズムとも深く関係しており、日光によるホルモン分泌が成されなかったり、気圧の上昇・下降により頭痛を発したり、精神的に落ち込んでしまったり・・・景色だけでなく、体内も暗くなってしまいますよね(‘_’)

そして、「食料などへの影響」があります。

日照時間が極端に少ないことにより、温度や成分分泌の維持が困難で、食料の調達に大きな影響を与えます。

 

このように太陽の恩恵は偉大で、この1~2か月はその恩恵が急激に減少しました。

わたくしも初めてかもしれません、あんなに太陽を見ない日が続いたのは・・・

洗濯物は大変じゃなかったですか?

部屋干し嫌いのわたくしも、やむなく部屋で干さざるを得ませんでした(ノД`)・゜・。

そして結局、気温が上がらないまま10月(秋)へ突入してしまい、衣替えが非常に難しいです。

この急激な気温の低下は、体調管理には厳しいですね(;^_^A

しかし、10月に入ってから、太陽が少しずつ出てきてるので、このまま秋は過ごしやすい気候になってくれれば良いですね(^_-)-☆

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^◇^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です