梅雨の雨に濡れた足は細菌感染の可能性!?

雨の日が続きますね(^o^;)

これからますます蒸し暑くなり、体調管理が非常に難しい時期でもあります。

それに加え、雨が降っている中での通勤や通学は、喜ぶ人はいないんじゃないでしょうか?
特に靴とズボンの裾がビッショになったときは、絶望さえ感じます(;_;)

濡れた部分はめっちゃ臭いますよね・・・
靴なんて目も当てられない(;_;)

その原因は雨なんですが、そのさらに深くに、もっとおぞましい存在があったのです(-_-;)

 

スポンサーリンク

 

靴が臭う理由

雨に濡れなくても臭うのに、濡れたら臭いが大きくレベルアップしますよね・・・

それは、 人間の足に非常に多くの細菌が存在しているためです。

細菌が汗や皮脂を分解する際に嫌な臭いを発生させているんです。

足の裏は細菌が繁殖しやすい場所で、なんと足の裏には頭皮の20倍、顔の200倍の細菌が住み

着いていて、その数なんと20万個以上です・・・なかなかピント来ないですが、とんで

もない数だということはわかりますね(;゜0゜)・・・

なぜ、足の裏に細菌が繁殖しやすいのか!?

足の裏が細菌が繁殖しやすいのには2つの原因があります。

①湿度が高い

繁殖原因の1つは、湿度の高さにあります。

まず、足の裏はとても汗をかきやすい場所です。

細菌は湿度の高い環境を好むため、汗をかいている状態は、細菌にとって居心地がいい空間に

なるのです。

汗をかくだけれあれば、足の裏に限ったことではありませんが、普段靴を履いているため通気

性が悪く、常に湿度が高い状態で維持されています。

このため、体の中で最も湿度が高いと言っても過言ではないのです。

②細菌の栄養源が豊富

もう一つの原因は、細菌にとっての栄養源が豊富にあるという点です。

細菌は、角質が擦れ落ちてできる垢を食べて繁殖します。

足は角質が豊富で、常に地面や床、靴下や靴など、摩擦を受けているため、垢ができやすいです。

また、垢は靴下や靴に貯まるため、どんどん細菌が繁殖します。

こんないつでも食べ放題の場所であれば、生活に困らないですよねア(^o^;)

 

スポンサーリンク

 

細菌が繁殖するとなぜ臭いの原因になるのか?

足がなぜ細菌が繁殖しやすい環境であることを理解してもらえたと思います。

しかし、実は「細菌=足の臭い」ではないんです。

「良い細菌」「悪い細菌」がある

人間の皮膚には大量の細菌が住み着いています。

すべてが悪い細菌というわけではなく、細菌には「良い細菌」と「悪い細菌」がいるんです。

良い細菌には「表皮ブドウ球菌」という細菌がいます。

肌を弱酸性に保つ「表皮ブドウ球菌」

「表皮ブドウ球菌」は皮脂と汗を食べて分解して「脂肪酸」を作ります。

「脂肪」と「酸」と聞くと悪いイメージがしますよね??

でも表皮ブドウ球菌が作る脂肪酸は、香水の原料に使われるくらい良い香りの元となるんです。

さらに、表皮ブドウ球菌は肌を弱酸性に保ってくれます。

弱酸性は悪い細菌が繁殖しづらい肌にとって良い環境です。

臭いの原因の「黄色ブドウ球菌」

悪い細菌には「黄色ブドウ球菌」や「真菌」という細菌がいます。

この「黄色ブドウ球菌」という細菌が、足の臭いの原因となっています。

「黄色ブドウ球菌」は「表皮ブドウ球菌」と同じように皮脂や汗を食べて分解し、脂肪酸を作ります。

一見すると同じ働きをする良い細菌のように思えますが、「黄色ブドウ球菌」が作り出す脂肪酸は、いい香りがせずに足の臭いの、あの嫌な臭いがするのです。

また、『表皮ブドウ球菌』と異なりアルカリ性を好む性質があります。

「表皮ブドウ球菌」と「黄色ブドウ球菌」の臭いはどちらが強いのか?

臭いの優劣は細菌の数で決まります。

1個でも多く存在する方が優勢で、「1億個」と「1億1個」でも1個多いだけで優勢なのです。

したがって、「表皮ブドウ球菌」を生かし、「黄色ブドウ球菌」を少なくする必要があります。

最後に

人間の足が、こんなにも不衛生な場所だとは思いもよらなかったです(;゜0゜)s

確かに、素足でいることは、毎日生活してるわたくしたち人間にとって、頻度的にはすくないですよね。

それだけ、通気性の悪い環境で生活する部分なため、これは当然のことですね(;_;)

わたくしは、靴は二日に一度、エタノールを染み込ませたキッチンペーパーで拭いてあげるのがいいのかなと思います。

エタノールは、広くいろんな細菌の除菌が可能です。
もちろんすべてを除菌できるわけではないのですが、これだけでも、細菌の増殖の抑制に大きな効果があると感じます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^_^)/□☆□\(^_^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です