節分に豆を食べることには健康面の裏付けがあった!? 煎り豆を食べる意味とその栄養とは!?

2月3日は、あなたもご存じの通り、「節分」です。

年明けくらいからかな~、早いところでは新年早々、このイベントに関する言葉をいろんなところで見かけますよね。

この日は、冬と春の分かれ目となる立春の前日であることから、仮に立春を新年と捉えた場合、大晦日のように考えられ、重視されていました。

また、近年では大阪の舟場で行われていた風習であった恵方巻が、全国のスーパーやコンビニで販売されるようになるなど、時代と共に節分も変わってきています!(^^)!

これらの風習には、暦のうえで新年となる「立春」の前日に、邪気を払って福を呼び込むことで、健康な1年を過ごそうという意味があります

そこで出てくるのが「豆」です。

この「豆」は「炒り豆」であることがほとんどで、市販で売っていますが、家庭によっては手作りのところもあったりしますね。

実家がそうでした(*^_^*)

この「豆」を家の内外に投げるのですが、なぜ、「豆」なのでしょうか?

そして、なぜそれを「食べる」のでしょうか?

わたくしは意味を知らずにここまで来てしまったので、気になり、調べてみました。

スポンサーリンク






スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です