食事直後に寝ると豚になるのか!?

これも昔から両親に言われ続けてきたことです。
豚が一般的なのでそう書きましたが、我が家では「牛」でした。
これは、わたくし的には意味合いの違いが生じているのではないかと感じるのです。
例えば、今回のように「寝る」とはどんな状態かということです。
「寝る」が「睡眠」であれば、体は休息状態となり、熱消費量、いわゆるエネルギーは消費されにくく、溜まっていくので、脂肪が増える原因となります。
しかし、「寝る」が「横になる」であれば、消化器官にとって優しい状態らしいんです。
人は立って動いているとエネルギーを使います。
疲れていきます。
それは体の内部にも同じことが言えます。
横になると言うことは、胃などの消化器官の負担を減らしつつ、効率的に働いてもらう手助けをすることです(^-^ゞ
しかし、横になる向きが問題で、一般的には「右手側を下にする」ことが必須です。
なぜかと言うと、胃から腸への出口が右にあるからです。
左を下にすると、胃液が食道に来ることもあり、良くないのです(>_<)

このように、「寝る」の意味で良くも悪くもなります。
食後はあまり動かず、右を下にして横になるのが一番ですね(*^^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です