バランスボールは使い方によって、効果が変わる!? 正しい使い方とは!?

バランスボールの効果については、前回「バランスボール」で書きましたが、その使い方についてもいろいろあります。

その使い方次第では、効果に大きな差が生じます

せっかく行うのであれば、自分に適した使い方で、効果を最大限に得たいですよね(^^)d

スポンサーリンク

バランスボールの使い方とは!?

基本中の基本の「ただ座るだけ」

バランスボールの基本中の基本の使い方といえば、「ただ座るだけ」の方法です。

わたくしも、基本この方法で行ってますが、これがけっこう全身の筋肉にくるんですよ(^-^;

バランスボールはただ座るだけで、インナーマッスルなどを鍛えることができるので、これがバランスボールの人気の秘密でもあります。

しかも、ただ座るだけなので、「ながらトレーニング」ができます。

例えば・テレビを見る・デスクワークをする・読書をする・勉強をする・ゲームをするなどは、バランスボールに座りながらできるので、「ながらトレーニング」ができるんです。

トレーニングは、続ければ続けるほど鍛えられます。またダイエットであれば続ければ続けるほど痩せられます。

「ながらトレーニング」であれば、運動しているという意識は無く、無意識に鍛えられるため、継続しやすいと感じます。

ただ、注意しなければいけないのが、バランスボールの座り方です。

座り方を間違ってしまったら、バランスボールの効果が半減してしまいます(^_^;)

バランスボールに正しく座るには、

「ボールの真上に座る」

「膝を90度に曲げる」

「背筋を伸ばす」

この3つのポイントを抑えることが重要です。

どれか1つでも守らないと効果が薄れるので、注意が必要です。

骨盤のゆがみを直すストレッチ

続いては、バランスボールを使った骨盤ストレッチです。

骨盤ストレッチをすることで骨盤のゆがみを正して、骨盤に関係するインナーマッスルなどの筋肉を鍛えることがでます。

そうすれば、骨盤のゆがみで起き腰痛や下半身太りを解消できるので、とても効果的な方法です。

上記の症状を持っていない正常な方でも、気持ちよく感じると思いますよ!(^^)!

ポッコリお腹の解消法

ポッコリお腹・・・わたくしの永遠の悩みかもしれません。

お恥ずかしい話、めっちゃ気になります(^_^;)

そんな状態をバランスボールを使って解消するエクササイズです。

①バランスボールに座った状態から上半身を後ろへ倒していき、両手を床について体を支えます。

②膝を90度に曲げたまま、膝を持ち上げて腹筋を鍛えていきます。

このエクササイズは腹筋だけではなく、体を支えている二の腕にまで負荷がかかるので、二の腕のシェイプアップまでできるんですよ。

ただ、注意しなければいけないことがあります。

このエクササイズをしている間は、体がとても不安定になります。

運動をしている最中にバランスを崩すと、床に体が落ちてケガをする恐れがありますので、危なく感じたらすぐにエクササイズを中止してください\(◎o◎)/!

痛いですよ~、落ちて頭打った時は焦りました(~_~;)

スポンサーリンク

下半身をシェイプする方法

このエクササイズは、先ほどの「ポッコリお腹解消エクササイズ」と比べると、非常に簡単です。

①床に仰向けになって膝を胸に近づけ、足の裏をバランスボールの上にのせます。

②膝を伸ばしたり、また胸に近づけたりを繰り返すことで、下半身をシェイプアップしていきます。

このエクササイズはとても簡単です。

しかし、適当にやってしまうと、エクササイズの効果が薄れてしまいます。

このエクササイズを効果的にするには、膝を伸ばした時に、頭からつま先までまっすぐになるように、下半身をキープすること

膝を伸ばした時に気を抜くと、バランスボールの上にのせた足が、左右のどちらかにブレてしまいます。

そのため、膝からつま先までまっすぐになるように意識することで、下半身の筋肉がしっかりと使われますので、効果的にシェイプアップできるんですよ。

気になる背中をシェイプアップする方法

背中についたお肉って、なかなか落ちないですよね。

しかし、これもバランスボールを使うことで、燃焼させることが可能なんです。

①バランスボールを上から覆いかぶさるようにして体をのせて、四つんばいになります。

②ゆっくりと右手を前方に突き出すと同時に左足を後方へ突き出し、そして元の四つん這いの状態に戻ったら、手足を入れ替えてまた突き出すという動作を繰り返します。

バランスボールに体をあずけながらエクササイズをしているので、バランスボールがない状態と比べると、よりインナーマッスルを鍛えながら背中をシェイプアップできるんですよ。

スポンサーリンク

全身のインナーマッスルのを鍛える方法

バランスボールの究極の使い方というと、バランスボールにのって全身のインナーマッスルを鍛える方法じゃないでしょうか。

「あんな丸いボールの上にのれるの?」と思われるかもしれませんが、意外にできたりします。

わたくしは元陸上部で、筋トレの時に、どれだけ乗っていられるかという運動をしてました(*^_^*)

乗り方は、「ボールに四つんばい」になって乗る方法がやりやすいです。

そして、なるべく膝に体重がかかるようにすると乗りやすく、バランスを崩して頭から落ちる危険性も減ります

このエクササイズはケガをする恐れがあるため、無理は禁物です。

そのため、もしチャレンジされる場合は、まずは5~10秒バランスボールにのったら降りて、またバランスボールにのるというのを繰り返して、少しずつ体を慣らしていきましょう

最後に

基本的には「ただ座る方法」を行っていれば、平面に座ってる状態と比べると、違いが明らかです。
これって、バランスがとれないと座れないわけで、バランスをとるためには全身の筋肉がバランスよく働いてくれないといけないんです(^^)d

そのため、汗が出てきて、有酸素運動に極めて近いので、効果的な運動だと言えます。

バランスを保とうと、意識しなくても全身の筋肉が働いてくれるため、このような効果が生まれるんですね。

目的に沿った使い方をすることで、ある部分を重点的に鍛えることもでき、その都度、使い方を変えることができるのは、めっちゃ効率的で便利ですよね(*^^*)
あなたは、どこを鍛えようと思いますか(^-^ゞ?

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^o^)/\(^-^*)

[ad#1]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です