マッサージとストレッチは同時に行うのが効果的!?

マッサージに通いたいな~・・・と、以前記事に書いたのですが、本日行ってきました(^v^)

チェーン店なのになかなか空きが無く、予約がとれませんでしたが、つい数週間前に予約が取れ、本日行ってきました。

店に入ると聴こえてくる「ヒーリング」のBGMが、既に癒しを与えてくれます(笑)

マッサージを合計1時間行ったのですが、めっちゃ気持ちよかった~(*^_^*)

施術してくれた方の力が強すぎたのか、所々悲鳴をあげてしまいましたが(笑)、結果気持ちよくなり、スッキリしました

指圧の強さに関してはお客さんによって違うので仕方ないですかね(^_^;)

施術中にマッサージ師の方とお話したのですが、マッサージと並んで全身の「凝り」を改善する方法として「ストレッチ」があるみたいです。

マッサージストレッチ、似てるようで行っている原理が違うのですが、結果的に「凝り」を解消することにつながるようです。

スポンサーリンク

マッサージとストレッチの違いは!?

わたくしは、学生時代に運動部でしたから、マッサージもストレッチも部員同士で行ってきましたが、どっちも身体の故障を防止すること、疲労を除去することを目的として行っていました。

マッサージとは!?

マッサージは筋肉を「ほぐす」ことで、血行を良くして全身のリフレッシュを図る方法です。

*詳細は「マッサージ」参照

気持ち良いですよね、ゆったりと横になって、全身をほぐしてもらい、ヒーリングミュージックまで聴いてしまうと、もうリラックスし過ぎて寝てしまいます(本日、危なかったです^_^;)

しかし、マッサージが終わってから時間が経つと、筋肉の「凝り」が元に戻ってしまうことがあり、定期的に行うことが重要です。

ストレッチとは!?

ストレッチは、あなたもご存じかと思いますが、筋肉を「伸ばす」ことで、血行改善など生体機能を向上させる方法です。

筋肉は何も行動していない時や低温環境下に置かれた時、縮む性質を持っています。

これが「凝り」の正体なのですが、この状態で一気に負荷をかけてしまうと、筋肉が伸びに耐えきれず、筋繊維の切断など、身体にとって良くないことになります^_^;

これを防ぐために行われるのがストレッチです。

ストレッチは、筋肉を伸縮させて可動域を広げたい関節などを伸ばしていくので、筋肉がほぐれると同時に可動域が広がり、柔軟性を向上させることができるのです。

つまり、「動きやすい筋肉」にすることができます。

筋肉が動けば血管が広がり、血行が良くなる・・・良い循環が生まれますね。

スポンサーリンク

ストレッチを行うタイミングはいつが最適!?

まず、ストレッチは全身の筋肉を「伸ばす」ことによって縮んだ状態を開放することを目的とします。

しかし、それだけではなく、筋肉は伸び縮みすると柔軟になり、「凝り」が起きにくくなる、つまり「凝りを根本から改善することが可能」な方法なんです。

マッサージの場合、ほぐれても、ある一定時間後には元に戻ってしまうことが多いですが、ストレッチの場合、筋肉が伸び、その状態を維持させることが可能です。

そして、それを行うのに最も効果的なタイミングがお風呂上がり」です。

なぜかというと、お風呂上がりは全身の筋肉がリラックスしており、緩くなっています。

この状態だと、筋肉がより伸びやすくなっており、効果が通常よりも大きくなるのです。

お風呂上がりでなくても、全身の体温が上がる時、つまり運動後などに行われるのもこれが理由です。

全身が温まった時が、ストレッチに最適なんですね(^◇^)

最後に

マッサージでもストレッチでもメリットはお互いにあります。

片方のみというよりは、マッサージとストレッチ、二つセットで行うのが理想なんじゃないかと思います。

全身をマッサージで「ほぐし」て、そのほぐれた筋肉をストレッチで「伸ばし」て、全身が理想的な状態になりますね。

ストレッチはマッサージと比べて、い」「辛い」などの印象を持つ人もいますが、適度に行えば苦痛は無く、ちょっと伸びてる感覚があり、気持ち良く感じるとわたくしは思います。

毎日お風呂上がりに身体を伸ばす、この習慣が身につくだけでも、全身の凝り解消になるのではないかなと感じます。

わたくしもあなたも、ストレッチで柔軟で健康な身体を作って行きましょうね(^u^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^_^*)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です