通勤時などにできる、手軽で簡単な健康法とは!?

通勤時間が今までよりも遥かに多くなり、自分の時間も以前と比べてかなり減ってしまいました(/_;)

今年の春までは、プライベートでもいろんな事をして身体を動かすように努力してきました。

体型維持はもちろん、30歳を過ぎてからの自身の健康も考えての行動です。

分野は広く、ジョギングしたり、ボルタリングしたり、サッカーしたり、とにかく身体を動かす時間が多かったのです。

しかし、異動になってからというもの、仕事の日は時間的に難しく、休日は日々の疲れで動きずらくなってしまってます(^_^;)

もちろん、それは自分が怠けてるだけと言われたら、何も言い返せませんが、動く気力がないというか、なかなか動けず・・・

そのため、わたくしは普段から意識して、身体に刺激を与え、健康維持を図っています(^◇^)

スポンサーリンク

その①:エレベーターやエスカレーターをなるべく使用しない

これは、けっこう昔から意識していましたが、通勤で電車を使うようになり、その頻度は格段に上昇しました。

わたくしは通勤で地下鉄を使用しており、駅構内と外の高低差が大きく、結構登って行かなければなりません。

もちろんエレベーターエスカレーターはありますが、あえて使わず階段を使用しています。

身体を動かすため、当然疲れを感じますが、朝の出勤時はいい刺激になって、身体や頭のスイッチが入る気がします

渋谷駅にあるようなベルトコンベア通路も例外ではなく、自分の足で歩くようにしています。

その②:息を吐き出して止め、腹筋に力を入れる

もちろん、ず~~~っとやってるわけではないですよ(笑)

気がついたときに意識的に行っています。

以前「ロングブレスダイエット」というのが流行りましたが、それを普段の生活の中で取り入れてる感じです。

息を一気に吐き出し、腹筋に力を入れた状態にすると、けっこうな疲労感を感じます。

それは腹筋を大きく使用してるためで、以前「カラオケと健康」について書きましたが、腹筋を鍛えることで改善や予防出来る病気もあります

また、ダイエット効果も期待できるため、一石二鳥ですね(^◇^)

スポンサーリンク

その③:立って止まってる時、かかとの上げ下げを行う

通勤電車の中で立ってる時、信号待ちの時、ただボーっと立ってるのでは暇じゃないですか(笑)!?

そんな時、手軽にできるのが「かかとの上げ下げ」です($・・)/~~~

かかとを上げ下げすると、ふくらはぎの筋肉を使います。なかなか普段使わない部分なので、慣れるまでは疲労感がけっこうあると思います。

しかし、ふくらはぎは「第2の心臓」とも呼ばれ、この筋肉が血液を循環させるポンプの役割を行ってるため、全身の血行が良くなります

また、「つま先立ち」は姿勢の改善にもつながり、健康的な体型作りも可能です。

 

もっと効率がよかったり、状況に適した方法があるのかもしれませんが、現在、わたくしが意識してることはこの3点です。

ただ通勤するだけ、突っ立てるだけ、そんな時間は非常にもったいなく感じてしまうんです(^_^;)

その時間に上記のようなことをするだけでも、「ちりも積もれば山となる」です。

自身の健康が知らないうちに改善してるかもしれません。普段では鍛えられてないところが鍛えられてるかもしれません。

とくに、わたくしは太りやすいので、人一倍意識が強いのかもしれません(^_^;)

しかし、今後もこんなプチ健康法を見つけて実行していきたいと思っています(^◇^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^_^*

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です