カラオケにはストレス発散や身体を鍛える効果がある!?カラオケって実は健康に良いのでは!?

あなたは、「カラオケ」って行ったことありますか?

これは好き嫌いが分かれると思いますが、わたくしはめっちゃ大好きです(^◇^)

高校の時からかな、大学卒業するまでかなりの頻度で行ってましたね。

特に大学の時は、自転車で10分くらいのところにカラオケ店があったので、週2くらいのペースでフリータイムしていましたね(^v^)

社会人になってからは、そこまで頻度は高くないですが、行く時はフリータイムです。

わたくしは歌うことが大好きなのでカラオケに行くのですが、「カラオケ」って実は健康に大きく貢献する行為だったんです。\(◎o◎)/!

スポンサーリンク

「カラオケ」が病気の改善に役立つ!?

カラオケって、あまり健康っていうイメージ湧かなくないですか?

部屋は密室でタバコ臭いし、お酒が入るイメージがわたくし、めっちゃあるんですよね~昔から。

確かに、歌いながらタバコとお酒をガンガンやっていたら、そりゃ健康なんて遥か彼方ですよ(^_^;)

しかし、そうではなく、「純粋に大きな声を出してカラオケを楽しむということ」で、身体の不調はもとより、改善が見込める病状もあるらしいのです。

腰痛や過敏性大腸炎などの腹部症状

歌う時、大きな声を出そうとすると、どうしてもお腹に力が入りますよね。

この時、呼吸法が「胸式呼吸」から「腹式呼吸」になり、腹筋が鍛えられることによって、腰痛や腹部痛、大腸炎などの消化器症状が改善されるようです。

お腹の筋肉の厚みも増し、冷えにくくなることも考えられますね。

新陳代謝の活発化

大きな声で歌うということは、多くの呼吸をすることです。

息継ぎをするときは、特に大きく空気を吸い込みます。

そのため、血液中の酸素量が増加し、全身の細胞が活発化することで、新陳代謝が促進されます。

疲労回復

血液の酸素が増加することで、血行も良くなり、全身の疲労物質の排除も活発になります

スポンサーリンク

更年期障害

歌は、ただ棒読みで歌っていても楽しく無いですよね。

やはり、歌詞や曲に合わせて「感情」を込めて歌っていると思います。

この「感情を込める」ということは、脳への刺激になり、下垂体からのホルモン分泌を活発にしてくれます。あと、情景を思い浮かべたりもするので、やはり脳への刺激になります。

これらは、「ほんの氷山の一角」ですが、カラオケって、こんな効果があるんですね~($・・)/~~~

一つ良い影響を受けると、「相乗効果」でどんどん良い影響が現れ、健康になっていくみたいですね(^v^)

また、カラオケには「ストレス解消」という特徴があります。

上記の身体的な症状改善よりも、こっちの方が公に広く言われているのではないでしょうか?

しかし、心の健康は身体の健康と直結しているので、非常に素晴らしい組み合わせなんですよね。

では、なぜカラオケに「ストレス解消効果」があるのでしょうか?

カラオケがストレス解消に最適な理由

これは、カラオケをやったことがある人ならば分かるでしょう!

ええ、それはもちろん「大声を出す」ということに尽きます(^◇^)

「大きな声を出すことでスッキリする」ことは誰しも経験があると思います。

よく映画やドラマで、海に向かって「バカヤロー!!!!!」なんていうシーンもありがちですが、これはスッキリするための適した方法だったんですよね。

しかし、それ以外にもストレスを解消を可能にする理由があるんです。

それが

「カタルシス効果」「ホルモンの分泌」「横隔膜の刺激」

の3つになります。

スポンサーリンク

カタルシス効果

これは、ストレス解消を促す精神的な大きなポイントになっています。

意味としては・・・

心の内にあるさまざまな不安やイライラ、苦悩や怒り等の感情を言葉にして表現すると、その苦痛が解消され、安堵感や安定感を得ることができます。これを精神分析の用語では、カタルシス効果と呼び、「心の浄化作用」とも表現されます。

心の浄化作用・・・これって、まさに「ストレス解消効果」ですね(^v^)

歌の歌詞には、「愛してる」「逢いたい」「好き」など、感情を表現する多くの言葉が登場します。

普段は恥ずかしくて言えないような言葉もたくさんあります。男性の曲は特に照れるセリフが多いため、曲無しで、日常会話では言えません・・・とくに、わたくしめっちゃ照れ屋なので(*^。^*)

それが、カラオケだと歌詞を借りて、普段言えない気持ちや感情を自由に伸び伸びと表現することができる・・・まさに「心が開放」されるんですね(^◇^)

ホルモンの分泌

カラオケで大きな声を出し、気持ちよく歌いあげると、満足したり幸せを感じませんか。

歌いきったとか、あの高さまで声が出たとか・・・自身でも感動することさえあります。

これは歌うことで、脳から「幸せホルモンと呼ばれるβエンドルフィン」「快楽ホルモンと呼ばれるドーパミン」が分泌されるからです。

これらのホルモンは、悲しみや苦しみの感情を抑え、満足感や達成感、心地よさなどを感じさせてくれるんです

自分の中で、歌い切った時の達成感はめっちゃ感じます(笑)

横隔膜の刺激

歌を歌うと、呼吸が変わりますよね?

大きな声で歌う時は「腹式呼吸」で、ささやくような時は「胸式呼吸」でとか。

この「腹式呼吸」の時に、大きく息を吸い込んで、ゆっくりと吐き出すことで歌を歌います。

わたくしたちは、通常1分間に15~20回くらいの呼吸をしていますが、歌を歌ってる時は、1分間に10回程度になります。

この呼吸法は、横隔膜を刺激し、それだけでリラクゼーションの効果があります。

そして、横隔膜を刺激することは全身の血流促進効果があり、体の免疫力が高まり、体調を壊しにくくなるというメリットもあるんですよ(^^)

最後に

カラオケにはすごく大きなメリットがあることが分かりましたね。

わたくしは、そんなメリットお構いなしに、歌うことが好きだから行ってます(^◇^)

アーティストになりきって、歌い切った時はもう、めっちゃ達成感じます。これが「カタルシス効果」ってやつですかね(笑)

ストレスも解消できて、身体の健康の改善にもなり、とても素晴らしい娯楽だなと感じました(*^_^*)

異動になってから、通勤などめっちゃ大変になったけど、カラオケでストレスをぶつけて、仕事頑張らなきゃ(^◇^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^_^*)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です