自律神経のバランスが崩れるのを防ぐ方法および、バランスが悪い時の対処法

自律神経のバランスが乱れることにより、身体に変調を発生させることは、以前書きました。

これにより、苦痛を感じるだけでなく、最悪の場合、命にかかわることもあり得る重大な状態です。

しかし、現代の社会ではこの状態に陥る要因が多くあり、実際にその症状で悩んでいる人も多いことと思います。わたくしも、ちょっと危ないかもしれません(^_^;)

完全にストレスと無縁に生きることは不可能ですが、それを限りなく0」に近づけることは可能だと思っています。

そのため、今回は自律神経の乱れの予防方法と、乱れてしまった際の対処法について調べてみました。

スポンサーリンク

自律神経のバランスを崩さないための予防法

これに関しては、もう「身体的・精神的なストレス」を軽減することが最適な方法と言えます。めっちゃ抽象的ですが、根本が「ストレス」である以上、物理的に無理やり引きはがすことはできないため、それを軽減する行動が予防法となります。

①精神的なストレスに強くなる

会社、家庭、学校などにおける人間関係など、逃れられないストレスとも、うまくつきあっていくことが大切です。これって非常に難しいですが、対応手段はあります。

気長に考える、前向きに考える、楽観的にとらえる、自分に自信を持つなど、気持ちをコントロールしてストレスに強くなることが重要です。問題を一人で抱え込むと息苦しくなってしまうため、誰かに相談するなどの上手な解消法を身に付けることも大切です。

②心身をリラックスさせる方法を見つける

リラックス状態を得ることが効果的です。

心地良い音楽を聴いたり、ぬるめのお湯にゆったりと時間をかけて浸かることや、アロマセラピーを取り入れることなど、自分なりのリラックス法を見つけるようにしましょう。また、肩や腕にギュッと力を入れた後、フッと体の力を抜くようにすると、心身ともにリラックスする効果があります。

これは仕事の合間や電車通勤時でもできるので試して見てください。

③ライフスタイルを見直す

生活を構成する食事、睡眠、休養、労働(勉強)、運動の5つが、毎日規則正しく行われていると生体リズムも順調に回ります。

どんなに忙しくても、1日3回の食事を楽しく味わうゆとりを持ちましょう。睡眠時間を十分にとり、食事時間を一定にし、おかずの数を増やすなど食生活の質を高めることが大事です。不規則な生活を改善し、リズムを取り戻すためには、早寝早起きの習慣をつけることも大切です。

④適度な運動をする

スポーツは、運動不足の解消はもちろん、汗を流すことで気分がスッキリして倦怠感がなくなり、精神的な充実感も得られます。

また、定期的に運動を行うことで生活のリズムも作れます。

ウォーキングなどマイペースでできる運動を無理のない範囲で始めて、運動習慣を身につけましょう。

わたくしは、通勤時でも毎日エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を使用しています(*^_^*)

⑤ビジネス書を読んでみる

ビジネスのノウハウ本には、仕事に関するストレスを軽減するヒントが書かれています。自分に合ったストレス対策を見つけるためにも、参考として読んでみるのも良いかなと思います。

スポンサーリンク

⑥カルシウムを積極的にとる

カルシウムには、神経の働きの緊張を鎮め、精神的なイライラを抑える効果があります。

カルシウムは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、めざしや干しえび、わかさぎなどの小魚、小松菜、ほうれん草、チンゲン菜などの野菜に多く含まれているので、積極的に食べるようにすると効果的です。

このように、予防法として如何にストレスを軽減できるかがカギになってきます。

それは自身の精神面の強化であったり、不規則な生活リズムの改善によって実現できることばかりです。

精神面の強化については、なかなか難しい面があり、わたくしもけっこう悩んでいたし、現在も進行形で悩んでいますが、誰かに聞いてもらうとやっぱり楽になるんですよね、不思議と。

自律神経が乱れてしまった際の対処法

どんなに注意を払っていても、意識していてもストレス調節ができない時もあります。

そう感じた時には、早急に対応し、それ以上悪化させないことが重要となってきます。

わたくしに最も必要なことです(^_^;)

①意識して休息時間をつくり休養する

仕事が一段落したときにブレイクタイムをとり、仕事場から離れて外の空気に触れるなどリフレッシュするようにしましょう。

また、1日の終わりにはリラックスタイムを作り心身の回復を、そして1週間の終わりの休日には仕事を忘れて休息するようにしましょう。

わたくしの場合、仕事終わりの長時間の電車は音楽(ヒーリングミュージック)を聴いてボーっとしています(^◇^)

スポンサーリンク

②精神的なストレスを抱え込まない

ストレスを抱え込んで心の疲労を悪化させないようにすることが大切です。ものごとを否定的に捉えず、立ち止まって今までの考え方を見直したり、気分転換などでリフレッシュすると効果があります。

これに関しては、やっぱり「誰かに聞いてもらう」ことが効果的だと、個人的に感じます。

③気持ちを落ち着けてリラックスした生活をする

辛いことも必ず時間が解決してくれることを忘れない、嫌なことを引きずらないなど、心の持ち方を変えてみましょう。そして、焦りを捨てて、完璧さを求めずマイペースで、もっとゆったりした気持ちで物事に対応する方法を身につけるようにしましょう。

④筋弛緩法で心身をリラックスさせる

肩や腕など部分的な筋肉に力を入れたまま、6~7秒間キープさせ、スッと力を抜いて10秒間リラックスする手軽な緊張回復法があります。筋弛緩法と言います。

ストレスがかかると、身体や気持ちに力が入りますが、身体の力を抜くことで気持ちもリラックスできます力を抜くときには一気にだらーっとさせるのがコツです。

よく運動選手でも試合前や練習前に身体の力を抜き、タコのようにダラダラしたりしていますが、これもリラックス効果を得るために行っていることです。

また心身のリラックスには、心地の良い音楽や好きな香りでアロマテラピーを楽しむことなども効果があります

⑤病院で診察を受ける

原因不明の体調不良が続くときは、早めに病院へ行きましょう

頭痛や食欲不振に悩んでいる人は一般内科へ、耳鳴りがする場合は耳鼻科、肩こりがひどい場合は整形外科など、症状に合わせた診療科を受診しましょう。

症状の裏に重大な病気が隠れている場合がありますので、くれぐれも自己診断は控えてくださいね。

最後に

ストレス社会といわれる現代の世界。

身体的・精神的なストレスを感じない生活はほぼできません(:_;)

特にわたくしのように、精神的に打たれ弱い人は苦労してることと思います(^_^;)

そんな中で、自分の体調を管理していくためには、ストレスとうまく付き合い、自律神経のバランスをとることが必要になります。

逆に言えば、自律神経が正常に機能するようになれば、健康の改善も維持も可能になり、ストレスに対する免疫力も高まることになるのではと感じます

わたくしも、常に健康でありたいと思っており、今回調べたことを念頭に、日々の生活に役立てたいと思います。

また、自律神経の乱れの予防・改善両方にマッサージも非常に有効であるようです!

これはストレス軽減や体内循環を良くするためですが、詳しくコチラに記載されているので、参考にしてくださいね!

あなたにも、お役に立てれば幸いです(*^_^*)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^◇^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です