あなたはパソコンをどんな頻度で使用していますか?
わたくしは自宅ではもちろん、職場で頻繁に使用しています。
パソコンが無いと、職場でも自宅でも不便ですよね。。

そのパソコン、あなたはしっかりと掃除していますか!?

自宅では個人に限定されることが多いですが、職場では自分のデスクが無い場合、不特定多数の人が利用するパソコンもあると思います。

しかし、この状態では、パソコンの衛生状態が恐ろしく悪くなっているんです・・・

スポンサーリンク

綺麗に見えるパソコンの真相

パソコンのキーボードは必ず触る部分ですよね。

それも数回ではなく、短文を書くだけでも非常に多くのタイピングを必要とします。

これを打ってる間に、実は恐ろしい数の細菌がキーボードに付着してるんです(~_~;)

人間の指には常に存在している常在菌(黄色ブドウ球菌など)が付着してる他、通勤電車の手すりであったり、お金、仕事机や資料など、無意識に無数の物を触っています。

その際にいろんな細菌が付着するというのは、必然と言えます。

パソコンを触る前に必ず手を洗う習慣というのもほとんどないですよね。。

この状態でキーボードに触れると、その細菌が付着し、次に使う人も新たな細菌をキーボードに付け、その悪循環が続くことにより、非常に「衛生的に汚い」状態になっているんです。

ゴキブリもパソコンのキーボードは避ける、といわれるくらい、不潔な状態なんですね(/_;)

考えただけで恐ろしいですよね。

それを触った状態でお昼を食べたりしてると考えると、ゾクッとしますよね(~_~;)

スポンサーリンク

衛生状態を改善・保持する方法

これには、パソコン側と使用する側でお互いに実行しなければ意味がないと感じます。

パソコン側

まず、キーボードの使用前に、エタノールで拭くことです。

布にエタノールを染み込ませ、キーボードを拭くことで、ある程度の細菌や汚れは除去できます。普段から使用者全員がこの心がけを持っていれば問題ないのですが、やはり多数の人間がいる以上、なかなか難しいかもしれません。しかし、自分が使用する前には消毒した方が、自分のためですね。

毎回毎回行うことは、仕事効率が悪くなってしまうことも十分考えられますので、1週間に1度など、定期的に清掃することでも、だいぶ違います(*^_^*)

使用者側

パソコン使用前後に手洗いを行うことです。

使用前に手洗いを行うことで、キーボードへの新たな細菌の付着を防ぐことが抑制できます

また、使用後に手洗いを行うことで、自分の手に付着した細菌を除去し、衛生状態を保つことになります。

これらの心がけが広まっていけば、パソコンの衛生所状態は確実に改善されるとわたくしは考えています(*^_^*)

最後に

今やパソコンを使用しない生活は考えられませんよね

1日1回はキーボードを触ってるんじゃないでしょうか。

それだけ使用するということは、それだけ細菌をキーボードに付け、さらに自分で持ち帰ってることになるので、不潔状態ですよね、ほんと(~_~;

自分の健康を守るための一環として、上記のことを実行し、余計な不衛生状態を抑制していくよう、お互いに心がけて行きましょうね(^◇^)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^_^*)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です