歯ブラシの選び方によって口の健康が左右される!?~適切な歯ブラシの選び方~

あなたは歯ブラシを選ぶ時、どんな基準で選びますか!?

わたくしはけっこう値段で選んでしまうことが多かったです。だって、歯ブラシってどれも同じじゃん!!と思っていたから(^v^)

もちろん、サイズや毛並みも見ますが、やっぱり値段が大事だったんです(笑)

最近は「Kiss You」という、電池内蔵で金属部分にふれるとマイナスイオンを発生させる歯ブラシに落ち着いています。このマイナスイオンが汚れを落としやすくしてくれるみたいですよ(*^_^*)

わたくしのように適当な基準の人って意外に多いと思います。

しかし、歯ブラシの選び方を間違えると、口腔内をきれいにするどころか、逆に衛生状態を悪化させてしまうこともあると聞き、調べてみました(~_~;)

スポンサーリンク

適切な歯ブラシを選ぶことの重要性

一概に「これが良い!」とは言えません。なぜなら、人によって口のサイズは違うし、歯ブラシの毛並みが固いのが良い人、柔らかいのが良い人、人の数だけ好みがあります。

つまり、「自分に合った歯ブラシを見つけること」が口腔内の衛生状態を保つことに繋がります。

もし、自分に合っていない歯ブラシの場合、以下のようなことが起こりえます。

①歯の磨き残しができる

例えば、口に比べて大きいサイズの歯ブラシを使用した場合、歯の裏など細かい部分に歯ブラシが届きにくくなります

個人的な感覚としては、歯ブラシの頭が小さめのものがおススメです。

頭が小さいため細かいところに届きやすく、大きめのものより磨き残しが少ないと思います(*^_^*)

②歯ぐきにダメージを与える

固めの歯ブラシで強めにゴシゴシと磨いてる人をわたくしは知っていますが、これは歯ぐきを痛めることにつながります

歯ぐきは、もともと引っかくような刺激に弱く傷つきやすいため、歯ブラシの硬さも自身の口と相談しなければいけません。

また、習慣的に強めに磨いていると、歯のエナメル質(歯の白い部分)も傷つき、知覚過敏を引き起こすことにもなります。

③プラーク(歯垢)が残りやすい

自分に合っていないと磨き残しができやすいことは①で書きましたが、その中でプラークというものも残ってしまいます。

プラークとは細菌の塊で、これを残すことはさらに細菌が増殖し、最悪、歯周病になってしまいます(^_^;)

考えたくもありませんね~、歯ぐきがブニブニしてくるんですよ・・・

 

このように、自身のパートナーと言っても過言ではない、自分に合った歯ブラシを選ぶことが、歯および口腔環境の衛生状態を守っていくことに繋がります。

スポンサーリンク

歯ブラシを選ぶ基準

これは冒頭にも言いましたが、基準は人それぞれですので、一概には言えません。

しかし、その時の歯肉の状況であったり、その人の力加減などに合わせ、どんな部分でも磨きやすい「マルチ」な一本を選ぶことは、口内健康を促進することにつながります。

①毛のかたさ

歯ブラシには、「ふつう」「やわらかめ」「かため」がありますが、一般的におすすめなのは「ふつう」タイプです。

歯磨きの一番の目的である、歯垢を落とすのに「やわらかめ」では毛先がすべって歯垢をきちんと除去できないからです。

ただし、歯ぐきが弱かったり、歯肉炎で出血しやすいという人は、歯肉を傷つけにくい「やわらかめ」を使ってじっくり丁寧に磨くようにしましょう。そして症状がよくなったら「ふつう」の歯ブラシを使うようにしましょう。

一方、「かため」は普段の磨き方が弱めの人に向いていますが、わたくしは上記のように歯ぐきに傷を付けやすいため、おススメしません(^_^;)

②手に持つ部分の形状

これもいろんな種類がありますよね。

形が角ばってるものや丸いもの、湾曲していたり、手元に飾りがついていたり、マイナスイオン発生金属が付いていたり(笑)といろんな形状のものがあります。

まずは、自分が実際に持ってみて、どんな角度でも持ちやすく、使いやすいものを選ぶことが大事です。

わたくしは、基本的にストレートで突起のない単純な形状がおススメです。また、持ちやすさを考えると、断面が楕円形になっているものが良いですね。

③毛の材質

歯ブラシの毛の材質もいろいろありますが、おススメなのは一般的に多く使われている透明なナイロン素材のものです。
動物の毛や色の付いた毛のものもありますが、動物の毛はタンパク質でできているため口腔内細菌が付着しやすく不潔になりがち乾きにくいのも難点です。
また、色の付いた毛は、混入されている色素の成分によって弾力性が低下します。ただし、ナイロンも吸水性があるので、交換時期を守って使用することが重要です。

④毛の細さや毛先の形状

毛の細さに関しては、基本、通常の歯ブラシで問題ないと思います。しかし、歯周病などで歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)が開いてる場合は、細めの毛先が歯垢を除去しやすいです。

また、毛先の形状も平らだったり山状にギザギザしていたり種類がありますが、わたくしは「平ら」な物を押します。

ギザギザしてるものは、一見歯にフィットすることを売りにしてるんだと思いますが、なかなか難しく磨き残しが出やすいです。「平ら」であればそれを低下させることができる感じがします(*^_^*)

スポンサーリンク

歯ブラシの使用期限

これは実践してる人って、けっこう少ないんじゃないでしょうか。分かってはいるけど、「まだいける!」精神をお持ちの方は多い気がします。

率直に、「1ヶ月に1本のペース」で交換することが望ましい・・・というかして下さい(^_^;)
これだけ使用していると、「毛先が開いてきた」「ナイロン製の透明なブラシが白く濁ってきた」ということが起こると思いますので、これが交換の合図です。

歯ブラシは使っているうちにだんだんと弾力が失われ、毛先が開いていきます。すると、歯ブラシが目的の場所に当たらず、歯垢を落とす力が著しく低下してしまうのです。

また、歯ブラシは毛が密に植えてあるので、一度使用すると、もう細菌だらけになります。一説では便器よりも細菌数が多いとか・・・

洗ったあとも口腔内の様々な細菌が毛の中に付着し残ってしまい、それを長期間使用すると、口をきれいにしてるようで、実は菌をばらまいてる・・・ということになってしまいます(/_;)

そのため、「1ヶ月で1本のペース」で交換してください。夏場は2週間に1回でも良いくらいですよね(^_^;)

最後に

長くなりましたが、「歯ブラシを選ぶことの重要性」口腔内の衛生状態を守ることにつながることが分かりますよね。

わたくしは、子供のころ、自分に合っていない大きなサイズの歯ブラシを使って、けっこう磨き残しがあったんだろうな~と、今更冷や汗かいてます・・・

歯ブラシも昔とは異なり、いろんな種類のものが出ていますが、自分に合ったものを選ぶことが自分の健康を守ることになるので、あなたも、自分にピッタリの歯ブラシを見つけ、口腔内を爽やかに過ごしましょうね(*^_^*)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^v^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です