靴ズレは姿勢の悪化に関係あり!?~自身に適切なサイズの靴を選ぼう~

あなたは、自分の靴はどういう基準で選んでいますか?

わたくしは、まずデザインで選びます。特にけっこう目立つやつ(笑)

サイズはその後で見ますが、わたくしの足は不格好のため、なかなかフィットする靴が無いんです(:_;)

正確に言うと、縦幅が短く、横幅がデカイんです。

だから、縦幅に合わせると横幅がきつくなり痛いです。横幅に合わせるとキツさは無いがつま先部分が余ります。

痛みが無い分、後者で選択しますが、つま先に余裕があるため歩いてると靴が前後にブレ、かかとに「靴ズレ」が発生します。

この「靴ズレ」、かかとが傷付くだけでなく、自身の姿勢にも影響を与えていくようです(~_~;)

スポンサーリンク

「靴ズレ」の影響

靴のサイズに余裕があるため、歩行中に靴が動き、かかと部分に擦り傷ができます。これ痛いですよね(:_;)

歩いてる最中はずっと擦れてるため痛みが止むことがなく、傷も深くなっていくため、血液が靴や靴下に付着したり、2次災害的なことも発生します。

そのため、人間は無意識に擦れを防止しようと、歩き方を変えます。歩き方を変えると、当然姿勢も変わり、窮屈な姿勢で歩行するようになります。

これが「姿勢への悪影響」に繋がります。

かかとをかばうように歩くため、つま先に重心を置いて歩くようになり、上半身が通常よりも前傾になりがちです。

姿勢とともに背骨も前傾になり、負担をかけるようになります。

将来的に肩こり片頭痛などの症状に見舞われる可能性もあり、良いことは何もないですね(~_~;)

靴ズレの原因および防止方法

靴ズレの発生には複数の要因があります。

①身体にゆがみがあり、適切な姿勢で歩行できていない

靴は消耗品で、外側だけでなく内側も擦り減っていきます。特に身体にゆがみがあり、しっかりとした姿勢で歩けていないことが考えられます。

きちんと歩けていないと、靴底の擦り減り具合に左右差ができ、靴ズレを発生させやすくなります。

②歩き方が悪い

歩き方は人によって個人差があります。

わたくしは足が短いので、特に注意しなければならないかもしれません(^_^;)

以下の歩き方は靴ズレを起こす可能性が高くなります。

つま先から地面に着地している。

かかとから着地して、小指側に体重移動している。

かかととつま先を同時に歩いているかのようなドスドス歩き。

・立ち止まったときに左右どちらかに体重をかけている

歩幅が小さく早歩き

どれも歩行と同時に靴がズレそうな歩き方ですね・・・わたくしは昔、つま先をズルように歩く癖があって、今思えばとんでもない歩き方してたんだなと・・・

つまり、歩き方一つ変えるだけで、靴ズレの発生確率を低下させることが可能なんです。

スポンサーリンク

正しい歩き方

これはあなたも含め、人間は子供のころから実勢出来てるようで、出来ていない歩き方かもしれません。

「正しい走り方」とかは体育の時間とかで学習する機会がありますが、「正しい歩き方」ってモデルさんとか、一部の人間しか指導されていない気がします。

頭上から糸でつられているかのような感覚で立つ

胸を少し開くような感覚です。気持ち的には上から見下ろすように威圧感バ

ンバンで立つような感覚ですかね(笑)。

歩くとき、手は前後に大きく振る

かかとから着地し、小指側に体重を移動しながら、最後は親指の付け根に体

 重を移動して親指で地面を蹴るように歩く

膝はまっすぐ前に出す

目線は常に前を向き、歩幅は大きくとる

まさに「モデル歩き」ですね。

あの堂々として綺麗な歩き方こそ、靴ズレを防止する有効な方法なんですね。

これ、結構疲れそうだな~慣れるまで(^_^;)

最後に

よく、某カジュアルショップに行くと、わたくし好みの靴が手ごろな値段で売っていて、サイズが合わないにも関わらず買ってしまうこともしばしば・・・これが靴ズレの大きな原因ですね。しかも走りにくいし・・・

かかとに傷ができるだけでなく、その部分の血液で靴が汚れたり、患部から細菌が入って化膿なんてこともあり得るので、靴ズレを起こさずに、快適に歩きたいですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^_^*

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です