サウナでも入浴でも、身体が温まると健康で幸せなことだらけ!?

秋の終わりから冬にかけて、気温が一気に低下してきます。

寒いですよね~、夏は「もっと気温さがってくれ~、氷の世界に行きたい~」など、極端な発言がおおいわたくしですが、いざ気温が低下すると、「寒い~、もっと気温あがってくれ~」と、まったく矛盾してる発言が多くなってしまいます。まさに「不経済なわがまま」ですよね(^_^;)

「冬は寒い季節」と分かっていながら、どうしても温かい環境を求めてしまう・・これは人間の生存本能によるものだと思いますが、体温の低下を防ぐために、厚着をしたり暖房をかけたりしてます。

そこで、先日も書いた「サウナ」はサンタクロースの本場である「フィンランド」に文化として根付いてますが、これが北国である「フィンランド」の健康を維持する重要な存在であると言われています。

厚着をしたり暖房のきいた部屋にいても身体は温まりますが、身体の芯から温めるためには「サウナ」に入ったり「お風呂」に入ったり「温かい物を飲む」などの方法が必要になります。

では、人間の身体が暖まると、どんなメリットがあるのか、ちょっと調べてみました。
ただ、気持ちよくなるだけではないですよね(^_^;)

スポンサーリンク

身体を温めることによるメリット

夏に身体を温めようと思う人はなかなかいないですよね。ただでさえ暑い気候で、わざわざ汗をかく行為をしようとはなかなか思えません(^_^;)

ただ、冬はどうでしょうか?

気温は低く、身体は温度の低下を防ごうと温かい環境を求めます。

体温を上昇させることは、寒い環境に対応しようとする動物の本能だといえます。

まず、体温を上昇させると、様々なメリットがあることが分かってます。

①全身の新陳代謝が活発化する

新陳代謝とは、古い細胞が消滅し、新しい細胞が分裂・増殖していくサイクルを繰り返す現象を表します。つまり、新陳代謝は生命活動そのものを意味します。

細胞は温度の上昇によってこの活動が活発化し、新しい肌や筋肉など新旧細胞の移り変わりが激化します。これで、全身の生命活動が激しくなることになります。

全てのメリットはこの「新陳代謝」が起点となります。

②心臓の機能が活発になる(心機能亢進)

体温が上昇してくると、脈拍が多くなりドキドキしませんか?

これは心臓が送り出す血液量が増えるためで、全身の血液循環量が増えます

安静時の約2倍の血液量になり、その結果、酸素摂取量が増え、筋肉疲労を回復しエネルギー再生産効率が上がり、疲労回復の効果が上がります。

③血管拡張効果による血圧低下

体温上昇直後は一時的に血圧が上昇しますが、その後、最血管の拡張によって高血圧・最低血圧ともに低下します。

特に最低血圧の低下は、高血圧の人にとって、うれしい効果です。

スポンサーリンク

④肩こりや筋肉痛の緩和・解消

肩こりや筋肉痛の原因は、主に筋肉の過度の緊張や血流の不足です。

サウナ浴などをすると血行がよくなり、筋肉内を循環する血液量が増え、汗と共に疲労物質(乳酸)が排出されるので、肩こり、筋肉痛、腰痛などの神経感覚的症状が改善されます。

⑤精神的なストレスの解消

体温が上昇すると、中枢神経の興奮が高められます。これによって、神経による身体機能の調整が促され、ストレスの解消になります。

特にサウナや入浴は落ち着いて入ることができ、無心でいられるため、効果は抜群だと思います。

⑥体内のデトックス効果で体質改善

慢性的な疲れの原因は、体に溜まった有害物質や毒素などの老廃物によるものです。

体温が上昇することで汗が大量に出ます。

この汗と一緒に老廃物を排出することで体内の機能が活発になり、冷えやむくみを改善でき、トータル的な痩せ体質と健康体質を作り出すことができます。

わたくし、結構溜まってそうです・・・

スポンサーリンク

⑦汗腺・皮脂線を清潔に

体温の上昇によって老廃物や疲労物質は、汗とともに体外に分泌されます。

体温が約38℃になると、全身の汗腺から汗がでます。同時に毛穴にある皮脂腺からあぶらが、アポクリン腺(汗腺の一つ)からは鼻を刺す臭いがでて、汗腺の機能を高め、皮膚や皮下組織を洗浄します。
これがサウナなどのコンディショニング効果で、疲労をいやし、運動に適した身体状態をつくります。

⑧ヒートショックプロテインの増加

わたくしたちの身体は約60兆という数の細胞で作られており、そのほとんどが水分とタンパク質からできています。

その細胞に熱を加えると細胞内のタンパク質は損傷を受けますが、同時にHSP(ヒート・ショック・プロティン)というタンパク質が生まれます。このHSPは損傷を受けたタンパク質を元通りに修復します。細胞は高熱だけでなく疲労、汗腺、血管の梗塞、虚血状態、紫外線などさまざまなストレスによっても損傷を受けますが,これらの細胞異常に効果があるのがHSPです。

サウナや入浴の効果はバカにならないですね~

上記のように、身体を温めることによって健康のメリットがめっちゃたくさんあることが分かりました。

その方法として最適なのが、やっぱり「サウナ」「入浴」です(*^_^*)

この二つは自然と身体の芯まで温まり本を読んだり、瞑想したり、自分の時間を持つことができます

特に寒い冬、最初にもお伝えしましたが、サンタクロースの国「フィンランド」では、「サウナ」が文化として存在してますが、寒い国ならではの健康維持法としての側面もあり、長い歴史が生まれてきたのだと感じます。

わたくし、一人暮らしですが、毎日バスタブにお湯を張って、入浴しなければ気が済みません。これが健康的に意味があることを知って、ますます、大好きになりました。

もちろんサウナでも入浴でも、「入りすぎ」は良くないですが、適度な使用は自身の身体を守る重要な行為なんですね。

あなたも、身体を温めて、健康の維持・改善に努めましょうね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^_^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です