アイスは種類によって成分が違う!?~太りにくいアイスの選び方~

もうやめられませんね、アイス(*^_^*)

わたくし、毎日のように食べています。職場にもアイスの自販機があるので、どうしても手にとってしまいます。1日に2つ・・・これって食べ過ぎですよね。はい、わかっています(/_;)

毎回成分表示を見ながら買っていますが、カロリーは気になりつつ、やっぱり買ってしまうんですよね~。

そこで、以前、その成分表示のところに”種類別”という区分がありますが、そこがアイスによって違うということを昔テレビで見ていた記憶があり、なんでもそれによって成分が違い、カロリーの違いを強調してたような気がします。

それが分かれば太りにくく、健康的なアイス選びができるのではと思い、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

アイスの種類

アイスの違いって、わたくしは正直、バニラのようなねっとりしたものソーダバーのようなシャリシャリしたものかき氷のようなもの、この3種類に分類されると思っていましたし、今でもそう感じています(笑)

しかし、使用される乳成分の割合によって大きく4つに分類されています(*^_^*)

①アイスクリーム

固形分15%以上、乳脂肪分8%以上。

4種類の中で最も入成分が多く含まれています。そのため、風味がよく、栄養的にも優れています

ハーゲンダッツなどのプレミアムアイスクリームの種類は、乳固形分や乳脂肪分が特に多く、素材重視な分、少々高価な商品も多いです。

有名な商品は、「ハーゲンダッツ」、「PARM」、「牧場しぼり」、「ピノ」などです。

特に「ハーゲンダッツ」「PARM」濃厚でとろける感じがすごくします(*^_^*)つまり美味しいアイスは高級なものに多く、乳成分が多く含まれていますが、その分カロリーも高いことが分かります。

わたくしのおススメは「PARM」です。あの口溶け、やめられません(^v^)

②アイスミルク

乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上。

乳固形分と乳脂肪分はアイスクリームに比べて少ないものの、牛乳と同じくらいの栄養分を含んでいるものも多いです。

「植物性脂肪」が使用されていることもありますが、その量は少量のため、比較的他と比べるとカロリーは低めです。

有名な商品は、「チョコモナカジャンボ」、「ジャイアントコーン」、「MOW」、「雪見だいふく」などです。

わたしのおススメは「MOW(ホワイトミント)」です。ミントはこれが出るまであまり食べませんでしたが、ハマりました(^v^)

③ラクトアイス

乳固形分3%以上、乳脂肪分はほとんど無し。

乳固形分は少ないが、「植物性脂肪」が多く使われており、意外に高カロリーです。昔見たテレビではこれが最も高カロリーなものが多いと言っていました。

有名な商品は、「爽」、「ス−パーカップ」、「パナップ」、「パピコ」、「クーリッシュ」「パリッテ」などです。

乳成分が少ないため、さっぱりした味わいです。「爽」は分かりますが「スーパーカップ」はわたくし的にはアイスクリーム寄りな感覚です。

わたくしのおススメは「スーパーカップ(バニラ)」です。困った時はいつもこれです(*^_^*)

スポンサーリンク

④氷菓

上記以外の物で乳固形成分3%未満のもの。

氷に糖液や果汁を混ぜて凍らせたものです。上記3種のアイスクリーム類とは食品として区別されており、乳成分がほとんど使用されていないため、比較的カロリーが低いです。
有名な商品は「ガリガリくん」、「ICE BOX」、「あずきバー」などです。

いわゆるかき氷の延長のようなものですね。カロリー見ても他の3種類よりも低いものが多いですね。

わたくしのおススメは「ガリガリくん(ほとばしる青春の味)」です。

名前もぶっ飛んでいますが、すごく懐かしい味がしました。言葉では言い表せません(^v^)

 

このようにアイスは種類によって味わいや触感が違います乳成分が多いほど味わいやコクが深まりますが、その分カロリーも高くなりがちです。

これだけ種類があるのだから、その時の気分で決めるのが良いと感じます。わたくしは種類と言うより、カロリーを見て買ってしまうことが多いのですが、最近は「MOW(ホワイトミント)」にめっちゃハマっています。ホントおススメです!!この歯磨き粉の味が癖になる(笑)

太らないアイスの選び方

上記でも書きましたが、乳成分が多いほど味やコクが深まりますが、その分カロリーが高くなります。また植物性油脂を多く使用していればカロリーは高くなります。これはアイスに限った事ではないのですが、要は美味しいものはカロリーが高いということですね・・・辛いですね(/_;)

太りにくいというか、カロリーの低い順で表すなら

氷菓 → アイスミルク → アイスクリーム → ラクトアイス

です。

しかし、商品によってはその種別でもカロリーは上下するため、商品を手に取り、成分を目で確かめるのが一番です。

最後に

アイスにはこれだけの種類があるんですね。昔「おかあさんといっしょ」「アイスクリームパラダイス」という歌があったのですが、それを耳にしてから「アイスクリーム」という言葉・語呂がわたくしの中で、「冷えたまろやかなイメージ」が浮かぶんです。

なかなか言葉にできない感覚だと思いますが、とにかく、カロリーやら値段やら成分やらをガン無視するのであれば、わたくしは「アイスクリーム」を選びますね、はい(*^_^*)

あなたは、どんなアイスが好きですか? どんなアイスでも食べすぎには注意が必要なので、自分の気分に合ったアイスを選んで、美味しく、健康に夏を楽しみましょうね(*^_^*)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^v^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です