爪の手入れを間違えると健康を害する!?~健康的で清潔な爪を維持する方法~

あなたは、爪をどのくらいの頻度で切っていますか?

わたくしは爪の白い部分(爪半月というそうです(*^_^*))が約2mmくらいになった時、「切りたい」と感じます。伸びてきたときに、無意識に噛んでしまう癖もあります(あまり良くなさそうですよね(~_~;))そして、白い部分が無くなるくらいまで切ってしまいます。

それが、痛みを伴うこともけっこうあるため調べてみたところ、非常に危険な感覚であることが分かりました(~_~;)

爪が早く伸びる人は健康の証

爪はとくに女性であれば、ネイルなどファッションにも取り入れられている身体の部位ですよね。爪の長さや形で、ネイルも付けやすかったりそうでなかったり・・・見た目も気になりますよね。

わたくしは、だいたい1.5週間に1回くらいのペースで切っていますが、これは平均的な人の頻度らしいです(意外性が無くて、なんかさびしい・・・)

爪の伸びる速度なんですが、これには新陳代謝機能が大きくかかわっているようです。

つまり、新陳代謝の活発な人は爪の伸びるスピードが速いということですね。

「白い部分(爪半月)」とは?

あの白い部分、実は「爪半月」というらしいです。初めて知りました。

爪は爪の根元の部分で作られてまずは爪半月になりますが、この部分は未熟で、水分を含んでいます。深爪したあと、爪と指の間に薄っぺらい「爪もどき」がありますが、「もどき」ではなく本物だったとは・・・

さらに成長していくと爪の先に向かってどんどん伸びていくのですが、その際に水分が抜けて爪が固くなっていくので色が白から透明に変わります。

爪が伸びるのが早い人、すなわち「健康的な人」は、水分が抜けきる前にどんどん伸びてしまうので、爪半月の面積が広くなるという原理みたいです。

つまり、「爪半月」の広さは、健康のバロメーターと言っても過言ではないということですね。

つづく

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です