紅葉狩りの秋!!~日本の風物詩で癒され、心身ともに健康に~

いよいよも深まり、冬の足音もあと少しで聴こえてくるこの季節。
今年の夏も暑かったですからね~、この、ちょっと涼しいかなくらいの気候が、個人的には最も過しやすいです。
秋と言えば、紅葉の時期。紅葉と言えば、わたくし、真っ先に「もみじ(紅葉)」が思い浮かんできます(*^_^*)心身の健康促進にも効果ありそうですね。
そのため、今年は「もみじ狩り」というものにでも参加してみようと画策中です。

スポンサーリンク

「紅葉狩り」で健康への手助けをしよう

真っ赤あるいは黄色になった「もみじ(紅葉)」を拾いながら、秋の山道を散歩する・・・なんて風流なんでしょう。都会ではめったに感じることにできない癒しの空間です。

鈴虫の鳴き声を感じながら、紅葉した山道を歩くことで精神が和らぎますよね。

なぜ、このような癒しを感じることができるのか、個人的に考えてみました。

 

真っ赤な景色は人間にとって「危険色」であるため、逆に落ち着かないんじゃないかなと思います。

しかし、全てが真っ赤なのではなく木や土は茶色熟してない葉は黄色空は青、視覚的にいろんな色を感じ取っています。この色の配分が視覚的な癒しを与えているんだと思います

真っ赤な中にちょっと緑や黄色、青などがあれば、わたくしはきれいに感じます。

聴覚では木々が風に吹かれてる音、鈴虫の音が癒しを与えています

自然の音を不快に思う人はほとんどいないのではないでしょうか?

特にわたくしは、風で揺れてる葉っぱの音が好きです(*^_^*)
嗅覚ではあの土の匂いや木々や花の匂い。山道でしか味わえない自然の匂い、非常に落ち着きます。

 

自然を体感する時は、物理的な感覚ではなく、これら精神的な感覚で癒しを得ることができます。これによって脳内が落ち着き、肉体的・精神的なストレスを緩和することにつながると思います。

ヒーリング効果ってやつですかね(*^_^*)

 

また、ウォーキングをすることによって、全身の体温が高まり基礎代謝も高くなるため、血行促進や、脂肪燃焼などの物理的な健康促進も行えます。

 

わたくし、食欲の秋(に限らず、四季で食欲の~という感じ(^_^;))でたくさん栄養摂取したため、また癒しを求めて、「紅葉狩り」、ぜった~い今年は参加します(*^_^*)

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^v^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です