「ご飯はよく噛むこと」!!現代人に欠けている健康を促進する魔法の呪文!?

「ご飯はよく噛んで食べること」

これは小さな頃から誰もが教わる?こと。わたくしは早食いのため、特に言われてた気がします(^_^;)
先生によっては、「牛乳も噛んで飲むこと」を言っていた人もいました。

現代においても、家・学校で呪文のように言われ続けている言葉だと思います。
わたくし、ご飯はおかずと一緒に一気にかきこんで口の中いっぱいにすることに快感を覚えていたため、いまだに噛む回数が少ないと自覚していますが、なぜ、「よく噛んで食べること」が昔から言われ続けているのか、気になりませんか?

スポンサーリンク

よく噛んで食べることのメリット

昔から決まり文句のように言われ続けているからには、相当重要なメリットがあるはずや~!

そう思い調べてみたら、やはり、人間にとって非常に重要な効果がありました。これ、わたくしヤバいかも(^_^;)

①ダイエット効果

これには「満腹中枢」という脳の部分が関係しています。「満腹中枢」は食事による「血糖値」の上昇を感知し、体に必要なエネルギー量かを判断する。「これ以上は不要」と判断した場合は、食欲が止まって「お腹いっぱいや~」を実感します。

言いかえれば、食事量をコントロールしているすごい器官なんですね。

しかし、満腹中枢が血糖値上昇を感知するまで20分程度かかります

つまり、早食いの人は「満腹中枢」が機能する前に、過剰なエネルギーを摂取してしまい、結果「肥満」につながってしまいます。

②虫歯予防効果

これは「唾液」の働きによります。「唾液」と聞いてあまり良いイメージは湧かないですよね(^_^;)しかし、イメージとは裏腹に、重要な役割を持っています。

「唾液」「よく噛む」ことで口腔内に分泌(放出)される消化液で、これが細菌(主にミュータンス菌という)を死滅および毒素を薄めます。また、口腔内の粘膜をコーティングする効果もあり、口腔内を清潔に、衛生的に保つことができるのです。

汚いと思っているのはわたくしたちの頭のイメージだけで、正体は「口腔内の洗剤」のような感じですね。

③老化防止(アンチエイジング)

これは、顎の筋肉を動かすことによって、脳へ刺激を与え活発化させます。これにより、全身の五感や運動能力を活発化させ、活動的な生活を促します。

また、よく噛むことは、よく顎を動かすことで、たるみやすい表情筋など顔面の筋肉をだらけさせない効果もあります。美顔効果ってわたくしも含めて、年を重ねるとやっぱり気になりますよね(*^_^*)

④ストレスや緊張の緩和

これは③ともつながるのですが、噛むことは脳へ刺激を与えます。脳内の血流は増え活発化します。筋肉への緊張は緩和されるため運動能力が上昇し、精神的な緊張も緩和されます。

メジャーリーグの選手や監督がみんな揃ってガムや噛みタバコを噛んでる光景を見たことがありますか?わたくしは、そういう文化なんだな~、くらいにしか考えていませんでした。

しかし、何かを噛むことによって、脳を活発にし、筋肉や精神的な緊張を緩和できる、スポーツの理にかなった行為なんだなーと思います。

「噛むこと」。たったこれだけのことで、大きなメリットを得ることができるんだから、実行しないのは非常にもったいですよね(^v^)

スポンサーリンク

現代人は「噛まない」んじゃなくて「噛めない」状況にある?

わたくしが小学校の頃、「カミカミコンブ」というはちみつ味の固いコンブが給食で出されました。すっごいそれが好きでたくさん食べましたが、食べた後、顎が疲れたのを覚えてます。

しかし、現代では固いものは粉砕されたり液状化されたりで、「噛む必要のない食品」がたくさん存在してます。これでは、上記のメリットも得られず、日常生活の中で無意識に行える「健康運動」を行っていないのだから、損ですよね(^_^;)

美味しく健康に、よく噛もう

現代は様々なものが便利になっています。それは食事も例外でなく、飲んで栄養が摂れるスムージーやゼリーなど、食べるというより「飲む」食事が増えています。しかし、探せばいろいろ噛める物もあります。

普段の食事はもちろん、おススメしたいのが「せんべい」。美味しくて、固いため嫌でも顎を使います。

これが脳の活性化につながり、普段の日常生活でも、将来にも役に立つことと思います。

わたくしが一番怖いのは「肥満」。これだけは年齢重ねても一定でいたいな~と普段から思っています。

あなたも、ご飯は良く噛んで、一緒に健康な身体を維持していきましょうね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(*^_^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です