8時間ダイエットで成功するやり方とは!?リバウンドはないのか!?

夜食 太る

アメリカ発の話題のダイエット「8時間ダイエット」をご存知でしょうか。

わたくしは初耳でした・・・先週末にとある雑誌で目にしたのですが。。

残念ながら、

「8時間ポッキリで劇的に痩せられる!!」

というダイエット方法ではないのです・・・すみません。。

この8時間ダイエットは日本にもすでに上陸しており、ダイエットに関心のある女性を中心に人気となっています。

ダイエットと言えば、食事制限と運動がつきものというイメージがありますが、8時間ダイエットは基本的にはそのどちらも行う必要がありません。

それなのに驚くような効果が得られて、成功者も多いのが8時間ダイエット。

では、そこまで注目される8時間ダイエットとは、一体どのようなダイエット方法なのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

8時間ダイエットとは!?

8時間ダイエットとは、アメリカのデイビッド・ジンチェンコ氏の著書「The 8-Hour Diet」が火付け役となってブームとなったダイエットです。

肥満大国であるアメリカにおいて、肥満の原因と言われているのが脂質や糖質の多い食べ物ですが、デイビッド・ジンチェンコ氏はそれ以外にも「朝から夜まで、起きている間は常に何かを食べている食生活にも原因がある」と考え、一日のうちで食事をしていいのは8時間のみで、後の16時間は食べ物を摂らないというように、時間によって分けることを提案しました。

例えば、朝の9時に朝食を食べたら夕食は午後5時までに済ませる、午前11時に最初の食事をしたら午後7時までに最後の食事をする、といった感じです。

8時間ダイエットの効果とメリット

8時間ダイエットによる効果は主に2つあります。

①消化活動を休ませることができる!

『朝食を7時に摂った後、10時に小腹が空いて少しの間食をして、そのまま12時になって昼食、また15時に間食を行い、19時に夕食後さらに21時に間食・・・』

このような食生活を繰り返している人は、ごく当たり前にいらっしゃるのではないでしょうか。

小腹が空くのってまさにこのタイミングで、手元にあるとガマンができない・・・

わたくし達が食事で摂ったものは、通常3時間程度掛けて消化され、8時間から12時間で排泄されると言われているので、この一例をとって見ても、朝の7時から夜の21時まで、実に14時間以上も胃腸が消化活動を行っていることがわかります。

消化に多くエネルギーが使われてしまうと、その分代謝に使うエネルギーが減ってしまうため、必然的に太りやすくなってしまいます。

つまり、食事の時間を8時間以内に収めることで消化に使うエネルギーを減らし、代謝をアップさせることができます。

②ビーマルワンの働きを抑える!

ビーマルワンとは、タンパク質の一種脂肪を溜めこむ性質を持っているものです。

夜の10時以降に体内で増加し始め、午前2~4時にピークを迎えると言われており、この時に胃腸に食べ物があるとビーマルワンがそれらを脂肪として蓄えてしまうのです。

よく、「夜に食べると太る」と言われますが、これはビーマルワンの働きが深く関わっているためではないでしょうか・・・

また、通常ダイエットと言うと「食べたいものを我慢する」という”ストレス”と戦う必要がありますが、8時間ダイエットでは8時間以内であれば食べたいものを我慢する必要がありません。

面倒なカロリー計算をせず、時間内に食べ終えるだけという気軽な管理方法のため、ストレスも少なく長続きしやすいダイエット方法と言えます。

 

スポンサーリンク

 

8時間ダイエットの基本のやり方

8時間ダイエットの基本的なやり方は、一日の中で食事をする時間を8時間以内にするだけ

ただし、この8時間以内であれば暴飲暴食しても構わないというわけではありません

脂肪は、「摂取カロリー>消費カロリー」によって蓄積されていくため、いくら8時間以内だからと言って食べすぎマックスな食生活を繰り返していたら、逆に太ってしまうことも考えられます。

このため、8時間ダイエットは決して「8時間以内であれば好きなものを好きなだけ食べられる」ダイエット方法ではありません

あくまでも食事は、栄養のバランスを考えつつ摂るのが一番です。

とは言え、それではストレスがたまってしまうため、「ラーメンが食べたい」「ケーキが食べたい」と思ったら、通常の量であればその欲求を満たすことは問題ないため、8時間ダイエットはストレスの掛からないダイエットと言われています。

8時間ダイエットはどれぐらいの期間やれば効果が出るの?

なぜ

8時間ダイエットとは、簡単に説明をすると食事をする時間を8時間以内とし、それ以外の16時間は水分以外は摂らないダイエット方法になります。

例えば、朝の7時に朝食を摂ったら、その日の夕食は8時間後の15時までに済ますという感じです。

さすがに15時に夕食はキツイと言う方は17時に夕食を設定し、逆算して朝食は9時に行うとよいでしょう。

8時間ダイエットでは、基本的に時間内であれば好きなものを食べてもよいということになっているため、夕食後の時間さえ工夫ができれば比較的誰にでも挑戦しやすいダイエット方法と言えるでしょう。

では、この8時間ダイエットはどれくらいの期間を行うと、ダイエット効果を得られるのでしょうか

これには個人差があり、始めて一週間で2kgのダイエットに成功したという方もいれば、1ヶ月で2kg痩せたという方もいます。

ダイエットの方法は万人に受けるわけではなく、「自分には合っていなかったけど、友達はこの方法で痩せた」というケースが多々あります。

そのため、8時間ダイエットも、体調を損ねることなく、またストレスも少ないのであれば、まずは気長に続けてみることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

8時間ダイエットを成功させるポイント

8時間ダイエットを成功させるには、知っておきたいいくつかのポイントがあります。

①水分をこまめに摂る

8時間以外は食事を摂らないのが「8時間ダイエット」ですが、水分はいつでも摂っておく必要があります

水分をこまめに摂ることで、老廃物の排出や利尿作用がアップし、むくみの改善に繋がります。

②体によい食べ物を意識して摂る

8時間ダイエットの期間中、積極的に摂るとよいと言われているのが次の8種類です。

 

    • 卵と脂身の少ない肉
    • 乳製品(ヨーグルト など)
    • ナッツ類(ピーナッツ・くるみ など)
    • 豆類
    • ベリー類(いちご・ブルーベリー など)
    • 色の明るい果物(りんご・オレンジ )
    • 穀物(玄米・全粒粉パン )
    • 緑の葉野菜