アプリを使った『箸置きダイエット』とは!?噛む回数がダイエットに重要!?

『箸置きダイエット』 これはいったい!?
箸置き

簡単にダイエットができないかな~

そんなグウタラな考えがをよぎります。。

しかし、そんな簡単できたら苦労はしませんよね。

そこで、一つ面白い方法を目にしたので、ここで書きたいと思います。

それは、『箸置きダイエット』です。

これは初耳!

箸置きとダイエットはどう関係しているのか、どうやってやるのかなど、面白そうなので調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

箸置きダイエットとは!?

箸置きすると?
名前だけ聞いても、なんのことか、全く分かりませんでした。

一体何なのか?

箸置きダイエットとは、食事の時に食べ物を口に入れる度に、いったん箸を置くだけのダイエット方法です。

「え、それがダイエット方法なの?」

と思うかも知れませんが、これが箸置きダイエットの全てです!!

ただ、もちろん箸を置いただけでダイエットになるわけではなく、大切なのは「どうして箸を置くのか?」ということです。

普段の食事中、手に箸を持ったままいると、まだ口に食べ物が入っているにも関わらず、次に食べる物を探していませんか?

人によっては、次に食べたい物がもう決まっているため、口に入ってい物を適当に噛んで飲み込んでしまうこともあるかも知れませんね。

でも、それは早食いの原因になってしまいます。

まさにわたくしです。。

そこで、手に箸を持たない、つまりは箸を置くことで、必然的に噛む回数を増やしたり、食べる量を減らすことができるのが箸置きダイエットの目的です。

箸置きダイエットの効果

箸置きすると?

①早食いや大食いを防ぐ

食事をした際、脳の満腹中枢が働いて「もうお腹いっぱい」と感じるまでには、約20分が必要と言われています。

肥満傾向の人は、食事を開始してからこの20分の間により多くの食べ物を摂取しようとします

そのため、早食いや大食いになりがちですが、箸置きダイエットなら一口食べるごとに箸を置くため、早食いや大食いを防ぐことができます。

②少量で満腹になる

箸置きダイエットは、箸を置くだけではなく、よく噛んで食事をすることにつながります

なぜなら、よく噛むことで満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感を感じるからです。

上記でも述べた通り、人が満腹を感じるまでは20分の時間が必要ですが、この20分の間にたくさん食べ物を詰めこんでしまえば当然ながらカロリーの摂り過ぎになってしまいますよね。

しかし、箸置きダイエットなら量を減らして、なおかつ満腹感を得ることができます。

③カロリーを消費する

よく噛んで食べることは、それだけで食事中の消費カロリーをアップすることができます。

食べると体が温かくなるのはこのためです。

 

スポンサーリンク

 

箸置きダイエットのやり方とルール

ルール
箸置きダイエットのやり方は、一口ご飯を食べるごとに箸を箸置きに置くだけ。

とても簡単ですが、これまで早食いをしてきた人にとっては、慣れるまで以外と難しく感じるようです。

また、箸を置くだけではなく、よく噛むことが重要なのですが、目安となる回数は30回となります。

口の中の物を全て飲み込んだら、また箸を持ち、一口分を入れて箸を置き、30回咀嚼・・これの繰り返しになります。

当然ながら食事の時間は今までよりも長く感じます。

しかし、食べる量は減ります

理想的な形ですね。

箸置きダイエットのポイント!噛むことが大事!

箸置きダイエットでは、とにかく噛むことが大切になります。

では、噛むことで上記の他にどのような効果が得られるのでしょうか。

①便秘の解消に繋がる

よく噛むと、食べ物がより細かくなって胃腸に流れるため、消化に掛かる負担が減ります。

そのため、胃腸の動きが活発になって便秘が解消しやすくなると言われています。

便秘が解消されると、体内の老廃物が排出され、また、血行がよくなるので代謝が上がりダイエットに良いだけではなく、肌の調子が整うなど美容の面でもメリットが多くなります。

 ②リバウンドを防ぐ

食事制限のみのダイエット方法では、常に空腹の状態が続き、ストレスが大きくなってしまいます。

この時の「食べたい」と思う欲求は、体に必要なカロリーが不足していることによる脳からの本能的な欲求のため、強い意思だけで抑えることは容易ではありません。

その結果、ストレスに負けて食べ過ぎてしまいダイエットに失敗してしまうことになります。

さらにはカロリー不足が続いていた体は、少ない栄養からいつも以上のカロリーを吸収しようとするため、少しの量でも太りやすくなってしまうのです。

しかし、よく噛んで食べることで食事の量をコントロールできれば、空腹感に悩まされることがないためストレスもたまらず、リバウンドを防ぐことができます。

 

スポンサーリンク

 

箸置きダイエットの注意点

注意
箸置きダイエットのダイエット効果を高めようと、噛む回数を増やす方がいます。

噛む回数が増えることで、唾液の分泌量が増えたり、満腹中枢への刺激が高まることはプラスとなりますが、だからと言って多く噛めばよいと言うわけではありません。

噛む動作をすると、口やアゴの筋肉がよく動くことがわかると思いますが、ここの筋肉は適度に使う分には小顔効果や二重あごの解消など、ダイエットに役立つことがわかっています。

しかし、鍛え過ぎてしまうとアゴが発達しすぎてしまい、返って顔が大きく見えてしまうこともあるそうです。。

そのため、一口で噛む回数は30回がちょうどよいと言われており、50回、100回と必要以上に多く行わない方が良さそうです

 

箸置きダイエットはアプリを使うと効果的!?

箸置きダイエットアプリ

これまで早食いが習慣的になっていた人は、どれだけ意識しても、つい箸を置かずに食べ続けてしまうことも十分考えられます。

そのような方にお勧めなのが、アプリを利用する方法です。

 アプリ:箸置きダイエット

箸をスマホの上に置くとスタンバイ状態になり、箸を持って一口食べたら、再び箸をスマホの上に置きます。

ずっと箸がスマホの上にない(つまりは箸を使い続けている)と、警告音が鳴ります。

また、一定のリズムを刻んでくれるのでその音に合わせて30回噛む習慣をつけることができます。

これはなかなか面白いですよ。

ただ、欠点として、スマホが汚れやすいっていう・・・

最後に

一口食べたら箸を置く・・・なんてシンプルな方法でしょうか!?

確かに、食べてる最中は、ほぼ持ったままです。。

すぐ次を掴める状況が、食べすぎの原因となっていることはすごく納得できます。

慣れるまで、目に見える料理に触れられない、そんなもどかしい状態が続きますが、それを超えてこそ、自分の理想のスタイルと健康を実感できるのです。

あなたも実践して、健康的な食事をとりましょうね(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です