ドローインダイエットのやり方はコレで完璧!?腹筋に効果が出るまでの期間は!?

ドローインダイエットのやり方 と 効果が出るまでの期間は!?

ドローインという言葉を聞いたことがありますか!?

ドローインダイエットの特集を雑誌やTVで御覧になった方もいらっしゃると思います。

一概にドローインダイエットといっても、人によって、環境によって多様な方法がありますね。

どれを選んだらよいのか迷っている方も多いと思います。

ここではドローインの原理と効果を検証していきます。

これを参考に、あなたに合ったドローインダイエットを見つけてくださいね!

スポンサーリンク

ドローインはダイエットに効果的!?

ドローイン

日本は四季折々で、季節ごとの景色やイベントが楽しめる素晴らしいカントリーです。

しかし、その四季によって人の装いも変わるため、体型が気になってしまう人も多いのではないでしょうか!?

鏡の前に立ち、昨年お気に入りだったスカートやパンツをコーディネートしようとしたらボタンがはまらない悲劇!

楽しい気分で買い物に行ったいつものお店の試着室、気に入ったドレスのファースナーが上がらず恥ずかしかった悲劇!!

タイトなワンピースのシルエットに下腹がポッコリ・・・

このような泣ける状況を発生させないことが理想ですよね。

脂肪は、ウエスト、下腹、そして背中に、にどんどん積み重なっていくので、今が肝心です。

しかし、急な運動は身体に負荷をかけたり、精神的にもだるくなってしまったり、良くないことがけっこうあるんです、わたくしはとくに・・・

そして、ある日自分の体型が崩れているのを見て悲しみが・・・そうはなりたくありませんね。。

そこでドローインダイエットが効果を発揮し、驚くほど短時間であなたのウエストを元に戻すことが可能なダイエット法なのです。

なぜドローインダイエット?

なぜドローイン?

ダイエット法と聞くと、何か特別なことをしなくてはならないのか思えます。

高額なサプリメントを購入するとか、辛い運動を長期間するとか。

ドローインダイエットはいつでも、どこでも、驚くほど短時間でできる方法です。

そして、ドローインダイエットは道具やサプリメントも不要な、お財布に優しいダイエット法なのです。

ドローインダイエットなら日常生活に支障が出ません。

無理な運動をして腰痛になったり、足をくじいたりすることもなく、スタイルを維持できます。

毎年、衣替えの季節に悲劇に見舞われることもありません。

でも、最も大切なことは、ドローインダイエットはあなたの健康を維持するために役に立つダイエット法だということです。

体型が崩れることの悲劇はスタイルだけではありません

腹筋やインナーマッスルの筋力が弱り、内臓を支えられなくなったことを表しています。

ドレスが入らない悲劇は、放置すると健康を損なう悲劇へと移行します。

ドローインダイエットでインナーマッスルの力を取り戻し健康を維持する。

それこそがドローインダイエットをおススメする大きな理由です。

スポンサーリンク

今更聞けないドローインダイエットって?

”draw in (a deep breath )”は、息を深く吸い込むという意味です。

これがドローインダイエットの基本です。

ドローインダイエットは、息を吸い込み、吐くことでお腹を凹ませることで、インナーマッスルに刺激を与える方法です。

息を吐いて凹んだお腹を、さらに凹ませ、インナーマッスルに形状を記憶させます。

参考動画です(^^♪

※引用元:youtube:お腹やせのコツ~ドローインのやり方~【コナミメソッドまとめ】(https://www.youtube.com/channel/UCYGuOwzjMfRPWvPcbTunwMQ

ウエストが細くなった状態で筋肉をキープできるようになることでウエストサイズが減少し、下腹も引っ込みます。

インナーマッスルの筋力が弱まり、正常な位置をキープできずに内臓が下がった状態がポッコリお腹であり、その位置を改善する方法です。

簡単なのに効果が早く出るのでダイエットをしたい方や、健康に不安がある方は試してみない手はありません。

言いかえればドローインは”インナーマッスルの強化”のことなんです。

ドローイン効果 インナーマッスルを鍛えると?

インナーマッスル

体の中で筋肉は何層にも重なって、骨や内臓、神経などを覆っています。

筋肉を大きく分けると、主な動作を行い大きな力の必要な仕事をする外側の筋肉(アウターマッスル)と、それを補助して姿勢を細かく調整したり関節の位置を正しく保ったりする体の内側の筋肉(インナーマッスル)に分けられますが、明確な境界はありません。

イメージ的には、皮膚に近い筋肉がアウターマッスルで、体の奥にある筋肉がインナーマッスルですね。

少し前までは筋トレといえば「アウターマッスル」に負荷をかけて鍛えることだけを考えて行っていましたが、近年ではその奥の「インナーマッスル」の働きが注目され、インナーマッスルを鍛える別メニューを取り入れるトレーニングを行うことが主流です。

インナーマッスルを鍛えるといっても、どんな風にやるのか、イメージが湧きませんね・・・

インナーマッスルを鍛えているつもりでも、やり方を間違えるとアウターマッスルが勝手に参加していたり、アウターマッスルのトレーニングで負荷をかけすぎて、補助をしていたインナーマッスルにダメージを与えていたなどということもあります。

アウターマッスルのトレーニングとインナーマッスルのトレーニングは”別物”ということを理解していないと効果的な鍛え方はできません。

また、骨格筋は無数の筋肉繊維で構成されており、見た目の色と働き方から、速筋繊維(白筋)遅筋繊維(赤筋)の2種類があります。

個人差はありますが、一般的な筋では白と赤は1:1でほとんどの筋肉は双方の働きを備えています。

スポンサーリンク

ドローイン効果!?憧れのピンク筋が欲しい!

ピンク筋肉

アウターマッスルには白筋の割合が多く、インナーマッスルには赤筋の割合が多くなっています。

白筋」は無酸素運動の動き、スピードやパワーに優れ、瞬発力、ダッシュ、ウエイトトレーニングなどで使われる筋肉ですが、持久力には低いです。

逆に、 「赤筋」は酸素を用いて脂質などを持続的に分解し、エネルギーを生産する有酸素運動で働き、スタミナがあり、マラソンなど持久力が必要な運動で使われる筋肉ですが、弱い力しか瞬発力のようなパワーは低いです。

トップアスリートの筋肉は、繰り返し大きな力を発揮し、速やかに回復することが必要なため、ピンク筋(赤筋の性格を持つ白筋)を多く持つと言われています。

この白筋、赤筋、ピンク筋のバランスは、運動や環境によって激しく変化し、数週間の間に容易に白筋がピンク筋になったり、ピンク筋が白筋になったりするということも言われています。

骨格筋は体温維持にも大切な働きをしていて、体が産生する熱の60%は骨格筋が作り出しています

運動すると体が熱くなるのもコレですね。

ピンク筋には脂肪燃焼タンパク質(UCP-3)が多く含まれ、脂肪やカロリーの燃焼効果が最も高い筋肉です。

いわゆる辛い腹筋運動が腹筋群のアウターマッスルに働きかけるとしたら、ドローインは腹筋群のインナーマッスルに働きかける効果があります。

つまり、インナーマッスルを中心にアウターマッスルと組み合わせることで、効果的にピンク筋を鍛えるこにもつながります!

インナーマッスルのカギは”腹横筋”!?

ドローインにはダイエット効果がありますが、おススメしたい一番の理由は、「健康な肉体を維持できること」です。

ドローインは腹筋群の中では一番深奥にある「腹横筋」を鍛えます。

腹筋は体を前に倒したり、回したりする動きを助けるだけではなく、腹腔(お腹の中)の内圧を高め、内臓の位置を安定させたり、排便を助けたりします

腰の”くびれ”を作る筋肉でもあり、引き締まったスマートなお腹になるにはこの筋肉の鍛錬は欠かせません。

中でも肋骨から骨盤まで走る腹横筋は、腹壁を作る筋肉のインナーマッスルで、呼吸筋、コルセット筋とも呼ばれ、お腹の周りを”ガードル”のように守っています

ドローインダイエットは、この天然のガードルを活性化させる効果があります。

筋肉が1日に使うエネルギーである「基礎代謝」は内臓の筋肉を合わせると約70%と言われています。

基礎代謝は、女性15才、男性18才をピークに低下します。

これを維持するためには筋肉を鍛えておく必要がありますが、現代ではかなり意識して生活をしない限り、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、肥満や体調不良に悩むことになります。

便利すぎるのも良くないですね。。

筋肉はスポーツだけではなく、血液を循環させたり、内臓を動かしたり、体の熱を産生したり、休まず働いています。

その役割の大切な部分を担っているインナーマッスルの筋肉量を増やすと、基礎代謝が上がって、脂肪が燃えやすい体を作れます

スポンサーリンク

ドローインで内臓脂肪とお別れ!?

内臓脂肪

ドローインは腹横筋を鍛え、内臓の働きを高めます。

腹横筋が衰えると支える力が弱くなり、内臓が下がり、下腹がポッコリしてきます。

そう考えると、個人的に思うに、人がスタイルが悪くなることに敏感なのは、内臓などの体の働きが悪くなり、弱っていることを感知していることなのかな~と思ったり。

腹横筋を鍛えることで、腹腔内圧を高めて内臓の位置を改善し、内臓の働きを活発にする効果があります。

そのため、代謝も活発になり内臓脂肪も減少します。

内臓脂肪の恐ろしさは、ほとんどの人が知っていると思いますが、脂肪にも色によって「白色脂肪細胞」「褐色脂肪細胞」に分類されます。

白色脂肪細胞は、体内の余分なエネルギーが脂肪に変わったもので、主に皮下脂肪や内臓脂肪となって蓄えられます。

褐色脂肪細胞は生命維持に重要な役割を持つ脂肪細胞ですが、大人になると大部分が消失します。

脂肪細胞からは「アディポネクチン」と呼ばれる善玉ホルモンが分泌されており、これは「長寿ホルモン」とも呼ばれ、様々な働きをすることが報告されていますが、内臓脂肪の量とアディポネクチン濃度は反比例します。

つまり、内臓脂肪が多すぎると、アディポネクチンの高血圧、動脈硬化、糖尿病を予防する働きや、中性脂肪を減らしたり、抗がん作用なども阻害されるということになります。

しかし、痩せ過ぎで脂肪が極端に少ない場合でも正常に分泌されないので、バランスが重要です。

その過剰な脂肪減少を避け、適切に内臓脂肪を減少させるためにも、ドローインは効果的なんです。

ドローイン効果で便秘も改善!

便秘解消

ドローインには、便秘改善の効果もあります。

腹横筋が鍛えられ、収縮が強くなり、大腸へ刺激を与えやすくなります。

上で何度も言っているように、内臓を正常な位置に戻し、働きを高める効果もあるので、大腸の働きも良くなり、健康な排便が行われるようになります。

その結果、体内に毒素などの老廃物をため込むこともなくなり、ダイエットやデトックスの効果によって、スタイルや皮膚のコンディションを良くしていきます。

またドローインは、姿勢の改善や、体脂肪を減らす効果、体幹を鍛えて筋肉や骨に不自然な負荷を与えない効果などによって、腰痛を防ぐ効果があります。

こうした優れた効果を持つドローインダイエットですが、人によって多数のやり方があり、それぞれ少しずつ異なっています。

インナーマッスル、とくに腹横筋に働きかけることが基本で、そこに効果を上げるやり方が、それぞれ付け加えられているといった感じですね。

ドローインは高齢になってもできる!?

高齢者の方にもドローインは効果的です。

筋トレやウォーキング、自転車などの運動とインナーマッスルの運動を比較したところ、インナーマッスルを使った運動の方が、脳内の血流の活動領域が広く、活動量も多いことも言われています。

そのため、インナーマッスル運動は認知症などの「脳に関連する病気の治療」に使われることもあるようです。

実際に脳血管疾患で半身不随になった患者さんに、インナーマッスルを使った運動をしてもらうと、だんだん体が柔らかくなり、脳の柔軟性のアップ、体の動きに対する感覚が戻るなどの報告もあります。

スポンサーリンク

ドローイン効果が出るまでの期間は?

便秘解消効果

ドローインの効果が出るまでの期間は、驚くほど短時間です。

1回のドローインで数センチウエストが凹む人もいますが、これは一時的なもので、すぐに戻ります。

しかし、それを継続して行う事で、腹横筋を「天然のガードル」に戻すことができます。

様々なドローインダイエットがあり、迷いますが実際に試してみなければ始まりません!

まず、どんなドローイン方法でもいいので、3日ほどウエストやお腹回りのサイズを測りながら、記録をつけてみると効果がハッキリわかります。

わたくしは1週間で、1cm減でした(もっと頻繁にやっていたらもっと行っていたかも・・・)

無理のないよう、自分に合った方法を見つけて継続することが重要となります。

また、ドローインを自分なりにアレンジして、日常生活に取り入れることも効率的です。

歩きながらドローイン

通勤の時、階段を昇降するとき、とにかく歩くときに、ドローインを意識しながらの歩行と通常歩行をそれぞれ30秒交互に繰り返すと、カロリー消費量が40%アップします。

手軽にでき、お腹をひっこめるだけの簡易的かつ効率的な方法だと感じます。

椅子に座ってするドローイン

椅子に座って息を吐きながら、背筋を伸ばしたまま、前に倒します。

同時にお腹を凹ませ、そのまま息は止めずにゆっくりと上体を起こします。

デスクワークの途中でも、取り入れることができます。

最後に

ドローインは、いまや情報がたくさんあり、みんな自分なりにアレンジされています。

また、似たような方法で『ロングブレスダイエット』というものもあります。

しかし、基本はたった一つ、「インナーマッスルを意識し、お腹を呼吸で凹ませる」だけです。

たったコレだけで、”美”と”健康”が手に入るなんて夢のようですよね。

まずは、とりあえず「3日」で継続することが大事!!

そして、結果が一度出ればやめられなくなり、いつの間にかあなたはダイエットだけではなく、健康的な美しいスタイルを手に入れていると感じます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です