睡眠の前後に水を飲むと健康に効果的!?

睡眠前後に水を飲むことは健康に良い!?

あなたは、睡眠の前に水分をとっていますか!?

わたくしは、飲み過ぎっていうくらい飲んでおります。

だいたい”1リットル”くらいですかね~。

1日トータルにすると、だいたい”3リットル”くらい飲んでおり、寝る前にその3分の1を飲んでいるという・・・飲み過ぎも良くないですね~。。

ただ、睡眠の前と後に”水を飲むこと”が健康に効果的なんです。

 

スポンサーリンク

 

睡眠中は脱水症状になる!?

「寝る前に水を飲むと夜中にトイレに行きたくなるから、飲まないほうがいい・・・」

そう考えている人は多いのではないでしょうか。

ごもっともです!!

飲めば出るのは生物の生理的な現象なので、仕方ないです。

しかし、睡眠中は体内の水分が減少し、脱水症状に近い状態になるのです

そこで、『寝る前にコップ1杯の水を飲むこと』が脱水症状を防ぎ、さらに熟睡しやすくなるのです。

しかし、なぜ、睡眠中に脱水症状になるのでしょうか?

脱水症状になる理由とは!?

睡眠中は、脱水症状のような、水分が飛んでしまうような状況が考えにくくないですか?

運動しているわけでもないのに、何でだろうと、小学5年生の時に考えた記憶があります。

その理由は、「人の体温」に関係していました。

人は睡眠の際に「約1℃の体温の低下」が必要です。

確かに、体温が高かったり、室温が高かったりするとなかなか寝付けないということはあります。

体温が高いということは、交感神経が現在進行形で活動しているということ。

交感神経は、身体を活動的にする作用があり、安静とは180度反対の機能を持っています。

すると、体は「まだ寝るには早い!! もっと暴れようぜ~」となるわけです。

こんな状態では、とても寝付けませんよね・・・

体温低下の幅が大きくなると、睡眠も深くなります。

夜は体温を低下させようとする

人間は基本、太陽のもとで生活するスタイルなので、夜は休む時間だと本能的に分かっています。

夜のなると「休める時間だよ~、活動低下準備~」という事で、身体を休ませるために「代謝を低下」させ、内で生み出される熱の量(熱産生)=余計なエネルギーを抑える・・・無駄を省くことは、どんな場面でも効率化につながりますからね(笑)

その重要な機能が「汗」です。

汗をかくことで、毎晩100ccの水を水蒸気の形で放出し、体温低下が行われます。

また、人間の脳は他の動物と比べて高い機能を持っており、昼間は脳をフルに使って生活しています。

そこで疲れた脳が オーバーヒートしないように、脳の温度を下げて休ませ、脳の疲労を回復させるのも睡眠の効果なのです。

つまり、寝つきを良くして熟睡し、全身を健康的に保つには、寝る前に「水分補給」をすることが重要なのです。

汗として出て行ってしまうのだから、当然体内水分量は減り、脱水状態となるのです。。

 

スポンサーリンク

 

脱水症状になると・・・

睡眠中は当然ながら、身体の活動は制限されています。

脱水状態が続くと血液が濃くなり、血液ドロドロになりやすくなります。

すると、老廃物が体に溜まる、血液が流れにくくなり全身が栄養不足、疲労が取れない、など良からぬことが発生します。

また、睡眠の質が低下し、十分に寝ているはずなのに疲れが取れていない・体がダルいと感じたり、ストレスにも弱くなりがちです・・・

場合によっては、心筋梗塞や脳梗塞など重症な病気を起こすリスクになります。

怖い怖い・・・

睡眠から目覚めたときも水を飲もう!!

寝る前に水を飲んでいても、睡眠中に体内水分が飛んでいくのは防げません。

異常にならないまでも、水分を欲しているはずです・・・

そこで、睡眠から目覚めたら、まずコップ1杯の水を飲むことがよろしいです。

これには二つの理由があって、一つは「睡眠中に吹っ飛んだ分の水分補給」で、もう一つは「身体を起こす」役割があると感じます。

体は起床直後だと鈍いです、動きにくいです。

筋肉もコリ固まっていて、怪我もしやすいですね~

そこで、水を体内に取り入れると、胃が目覚め、胃を動かすために血液の流れが目覚め、血液によって全身に栄養が送られ細胞が筋肉が目覚め・・・つまり、1日の活動スイッチとしての機能もあるのです。

実際飲んでいない人は飲んでみてください! 目が覚めますから。

 

スポンサーリンク

 

水を飲むときの注意点

健康的な睡眠をとるために、どんな飲み方をしても良いということはありません。

その注意点を認識していないと、睡眠効率が低下することもあります。

①大量の飲み過ぎ

これは言うまでもないですね。

わたくしはガブ飲みを行っており、身体に良くないと思いつつもやってしまいます。

まず、一度にたくさん飲み過ぎても吸収し切れず、お腹にタプタプたまったまま寝る事になり、苦しかったりします。。

だいたい、コップ1杯くらいが良いどいう意見が多いですね。

足りないと感じる人は、こまめに飲むことが大切です。

②冷えた水

キンキンに冷えた水は、胃やお腹が冷えて下痢などを引き起こす可能性が高いです。

また、細胞が縮こまってしまい、吸収効率が悪くなります。

常温の水が良いという意見が多いですが、わたくし的には、ぬるま湯が飲みやすいかな~と感じます。

最後に

水を飲む!!これは健康的な睡眠をとるために必要なものです。

わたくしは必要以上に飲むので反省しないといけませんが、適度な水分は飲まないと、普段の生活と健康状態に影響します。

ウォーターサーバーなら常温のお水を好きな時に用意することができるので、思い立った時に飲むことができます。

今はスーパーなどで、無料のウォーターサーバーがあるので、便利ですよ。

適度な水分補給を見直して、お互いに睡眠の質を改善しましょうね。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です