免疫機能とアレルギーの関係は深い!?アレルギーの型の種類とその違いとは!?

先日から鼻水が止まらない・・・

おそらく風邪ではなく、アレルギーの一種「花粉症」だと感じています。

花粉症の起こる仕組みについては、以前お知らせしたところですが、アレルギーにはいくつかの型で分類されており、それぞれ起こる仕組みが異なります。

仕組みが違うと言っても、結局は、体の異物(アレルゲン、抗原)に対する過剰な免疫反応であることは間違いなく、本来は体を守るはずの反応が、自分自身を傷つけてしまう「アレルギー反応」に変わってしまうのだから、何事も適度が良いんですね・・・

 

スポンサーリンク

 

アレルギーの型

アレルギーはどれも免疫機能が起こしていますが、その仕組みによって「Ⅰ~Ⅴ」までの5つの型に分類されています。

Ⅰ型アレルギー

IgEが作用し、ヒスタミン等の化学物質が関与するものです。

代表的な症状は、「気管支喘息」「花粉症」「食べ物アレルギー」など、一般的にアレルギーと呼ばれる、最もよく出会うものです。

仕組みは・・・

 

① 花粉という”アレルギーの原因物質(抗原)”が体内に入ってくる

② 花粉に、専用の抗体(IgE抗体)がくっつく

③ IgE抗体を目印に、肥満細胞がくっつく

④ 肥満細胞がヒスタミンなどの物質を放出(脱顆粒)する

⑤ 放出されたヒスタミンなどの化学物質により、アレルギー症状が発生する

 

このアレルギー反応は数分から数時間と短い時間で発生するため「即時型アレルギー」も呼ばれます。

アレルギー症状は「ヒスタミン」などの物質が原因となって起きているため、『ザイザル(一般名:レボセチリジン)』『アレグラ(一般名:フェキソフェナジン)』等の「抗ヒスタミン薬」で症状を抑えることができます。

また、スズメバチなどに2回刺されると”アナフィラキシー・ショック”が起こることがあります。

初めて刺された時には②の段階で関わる「IgE抗体」がまだ存在しないため、アレルギーは起こりません。

しかし、2度目に刺されると、毒素(抗原)に対し、過剰にIgEが反応してしまい、激しいアレルギー症状が出ると共に、最悪命に関わってしまいます・・・

Ⅱ型アレルギー

IgGやIgMという免疫グロブリン細胞が、まれに自分の細胞の抗原と結びつくと、誤って白血球がその細胞を破壊する生体反応です。

こういう抗体を「自己抗体」と言います。

自分の細胞を破壊してしまう、エラー反応ですね。

代表的な症状は、「再生不良性貧血(悪性貧血)」「橋本病」「不適合輸血」「リウマチ熱」「自己免疫性溶血性貧血」「重症筋無力症」などなど、多岐に渡ります。

仕組みは・・・

 

①自分の赤血球がアレルギーの原因物質(抗原)として認識されてしまう

②自分の赤血球に対して、抗体(IgGとIgM)が作られる

③抗体が赤血球にくっつく

④免疫システム(補体系)が活性化される

⑤赤血球が攻撃される

⑥溶血性疾患の発症

 

本来、自分の細胞は攻撃対象ではないため、抗体は作られません。

ところが、何らかのエラーによって自分に対する抗体が作られてしまうと、こうした自己免疫系のアレルギーを起こす可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

III型アレルギー

体内で免疫反応が起こり、免疫複合体(抗原・抗体・補体が結びついたもの)という物質が形成されます。

これが血液を通って辿り着いた場所で、周辺組織に損傷を与えた結果の反応です。

つまり、組織が巻き添えで被害を受けるアレルギーですね。。

別名「免疫複合体型アレルギー」です。

代表的な症状は、「関節リウマチ」「シューグレン症候群」「全身性エリテマトーデス(ループス腎炎)」「急性糸球体腎炎」「血清病」などがあります。

また、損傷の部位が局所的であれば「アルサス反応」といい、全身的に反応が出たならば「血清病」といいます。

III型のアレルギーは2~8時間で浮腫や発赤として出現します。

仕組みは・・・

 

① 何らかの抗原と、それにくっついた抗体(IgG抗体・IgM抗体)、さらにその抗体にくっついた補体という”免疫複合体”ができる

② マクロファージで処理できなかった免疫複合体が組織にくっつく

③ 免疫複合体のくっついた部分で、免疫システム(補体系)が活性化し、好中球(白血球)が組織に集まってくる

④ 好中球が作る酵素によって、組織の破壊が起こる

 

Ⅱ型アレルギーのように、「破壊された組織に対する抗体」が原因ではなく、免疫複合体がたまたまくっついた部分の組織が巻き添えをくったようなアレルギーです。

トバッチリです。。

Ⅳ型アレルギー

T細胞と呼ばれる細胞が抗原と反応したことにより起こります。

T細胞は抗原と反応することによって生理活性物質をばらまき、周辺組織を損傷します。

代表的な症状は、「臓器移植時の拒絶反応」「ツベルクリン反応」「ギラン・バレー症候群」、あるいは「金属・薬物アレルギー」などがあります。

仕組みは・・・

 

① ”他人の臓器”という異物を、T細胞が排除すべき「抗原」と認識する

② T細胞はマクロファージを活性化させる

③ マクロファージが「抗原」を排除しようと炎症反応を起こす

 

①の段階、T細胞が「抗原」を認識するまでに時間がかかるため、他のアレルギーと比べ、ゆっくりと、数日間経ってから発症します。

そのため「遅延型アレルギー」または「遅延型過敏症」と呼ばれます。

 

スポンサーリンク

 

Ⅴ型アレルギー

これは、「特殊何型アレルギー」と表現されます。

Ⅱ型との違いは、アレルギーが発症したあとの結果が異なることです。

発症する仕組みはⅡ型アレルギーと同じですが、Ⅱ型アレルギーが細胞を壊すのに対し、Ⅴ型アレルギーは細胞は破壊せず機能面だけ異常をきたすのです。

スポーツで例えると、外傷をつけるのではなく、精神的にダメージを与える感覚ですかね。

代表的な症状は、「バセドウ病」があります。

仕組みは・・

 

① 自分の甲状腺の受容体(レセプター)に対する抗体が作られる

② 甲状腺の受容体に抗体(IgG抗体・IgM抗体)がくっつく

③ 抗体がくっついた受容体が刺激され、甲状腺の機能が活性化する。

 

最後に

一概に「アレルギー」と言っても、これだけの型分類が存在しているんですね~

中には、有名な恐ろしい病気もチラホラありますが、その発症原因がハッキリと解明されていないものもあるようです

これだけの種類と違いがあるということは、治療方法もそれぞれ異なるという事で、これらが複雑に絡み合って発症している場合は、困難を極めることは簡単に想像できますね・・・

わたくしは今のところ「花粉症」だけですが、その他のアレルギーにならない保証はないので、特徴を頭に置き、注意して行きたいです。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です