花粉症が属するアレルギーは「何型」なのか!? その種類と特徴は!?

花粉症とは、体内に花粉(アレルギー源:アレルゲン)が入ってきたとき、それを排除しようとする、「免疫反応」によって、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることをいいます。

※免疫反応の概略についてはコチラ→身体を守る「免疫」とは!?~自然免疫と獲得免疫~

花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。

空気中を浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。

その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こします。

これは「アレルギー」の一つで、Ⅰ~Ⅴ型の5つに分類されるうちの『Ⅰ型』で、アレルギー性鼻炎や花粉症は典型的な『Ⅰ型アレルギー』にあたります。

※免疫とアレルギーの種類の関係についてはコチラ

スポンサーリンク

Ⅰ型アレルギーとは!?

詳細は過去の記事を参照していただきたいのですが、「Ⅰ型アレルギー」はメインで『IgE』という抗体が関与しています。

IgE抗体は全ての人に同じように作られるわけではなく、作られやすい体質が生まれつき決まっているようです。

この体質をアレルギー体質といい、IgE抗体は花粉症のほかにもアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などと深く関わっています。

今思えば、わたくしが毎年夏に苦しむ「あせも」も、この「Ⅰ型アレルギー」なんじゃないかなと疑いを持ち始めています。。

花粉によりIgE抗体が作られるしくみ

1.抗原(花粉)の侵入

2.マクロファージと呼ばれる細胞が抗原の侵入をキャッチし捕獲する。

3.マクロファージが捕獲した抗原をB細胞(Bリンパ球)へ差出す。

4.B細胞が変身し、花粉に対する抗体「IgE抗体」を産生する。

5. IgE抗体が肥満細胞にくっつく。

6.肥満細胞はヒスタミンやセロトニン、ロイコトリエン等、炎症とかゆみを引き起こす化学物質を隠し持っている細胞。

7.肥満細胞の表面にIgE抗体がどんどん付着し、蓄積される。

8. 再び抗原(花粉)が侵入すると、花粉がIgE抗体とくっつく。

すると、肥満細胞が隠し持っている化学物質をばらまき、それらが目のかゆみや鼻水といった花粉症独特の症状をあらわす。

一連の流れはこのようになります。

スポンサーリンク

この反応は、抗原が体内に侵入し約10分と短時間で発症することから、「即時型アレルギー」「アナフィラキシー型」「即時型過敏症」といくつかの名前で呼ばれます。

ただし、花粉など常に抗原と接している状態だとヒスタミンが出続ける状態になるために数時間しても引かない場合もあります。

つまりは、花粉症の症状が出たら、飛散しているであろうエリアから離れるのが最も効果的な回復手段ですかね・・・

IgE抗体の反応性は!?

IgE抗体は、原因となる花粉との接触を何度か繰り返すうちに体内に蓄積されて行きます。

この蓄積が一定の水準に達したとき、発病する条件が整った状態になるため、この状態で再度花粉に接触すると抗原(花粉)とIgE抗体が結びついて花粉症の症状が現れます・・・

また、IgE抗体が蓄積されつつある人でも、一定の水準に達していなければ症状は出ません

いわば花粉症予備軍で、このまま花粉との接触を続けていれば、いつかは発病してしまう・・・

わたくしは、2005年の春、それまで経験したこと無かった「花粉症」に突然襲われました。

それは今思えば、IgE抗体が花粉症発症の水準に達した瞬間だったのかも知れませんね。。

目や鼻に現れる花粉症の症状IgE抗体が作られるしくみ

肥満細胞から放出されたヒスタミンなどのアレルギー症状をおこす化学物質は、神経や血管を刺激します。

知覚神経が刺激されると「目や鼻のかゆみ」や「くしゃみ」「鼻水」「涙」といった症状を示します。

血管が刺激されると、うっ血やむくみが生じ、「鼻づまり」「目の充血」といった症状に現れます。

鼻水とくしゃみは、春先にひどくなるので、お薬が手放せません・・・

スポンサーリンク

花粉症になる原因は?

花粉症を発症する人は、遺伝的にアレルギー体質であることが主な原因として言われていますが、それ以外にもいくつか要因があります。

食生活の変化

現代はインスタント食品やスナック菓子がありふれていて、昔からの和食を食べる習慣が減っています

もう何も言う必要はありませんね(笑)

和食には栄養も含め、アレルギー体質になりにくい要素があるのかもしれませんね。

睡眠不足・不規則な生活・ストレス

自律神経の乱れは免疫機能の低下につながります。

IgE抗体の産生を調整するのも免疫機能の役割なので、生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけることで花粉症が楽になるかもしれません。

排気ガスの影響

花粉の飛散量が同じでも、排気ガスの多い地域の方が花粉症になる人が多いらしいです

排気ガスの中に含まれる微粒子と一緒に花粉を吸いこんでしまうと、アレルギー反応が出やすくなると言われています。

また、アスファルトにも要注意です。

花粉が飛んでも土に吸収され、再び舞い上がることの少ない田舎と違い、アスファルトは落ちた花粉が何度でも風に舞い上がるので、花粉を吸い込みやすくなと言われています。

そのため、大きな道路の近くや都会に住んでいる人は普段からマスクをするなど特に注意が必要です。

最後に

花粉症にはIgE抗体が大いに関与していることが分かりましたね。

しかし、花粉が飛散しやすい地域に住んでいる人は、常に花粉に囲まれているため反応が止まないという・・・

わたくしの実家も田舎なので、いろんなものが、しかも大量に漂っていることでしょう。

花粉の記事にも、何度も書いていますが、「手洗いとうがい」は確実に忘れずに行うことが最善の策だと思っています。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です