体重が増える原因は筋肉の減少!? カロリーと筋肉の関係とは!?

あなたは日々の生活に運動を取り入れていますか

わたくしは、今年の4月からデスクワークになり、体を動かさないようになってしまい、運動量が激減しました。

だからなのか、昨年度までと体重が平均して微増しています。。

「微増じゃたいしたこと無いんじゃない?」

と思うかも知れませんが、これは食事の調整をしている結果です・・・

これからどんどん寒くなるのに、これじゃマズそう・・・

そして、一般的に筋トレやダイエットから、人々が最も遠ざかるのが「12月」のようです。

確かに寒くてジムに行ったり散歩したり、とにかく外に出たくないと感じます。

ボディの露出も少ないことも影響しているのかな~・・・多少は油断してしまうのでしょうね、わたくしも・・・

しかし、スポーツ選手が最も筋肉トレーニングに励んでいるのが、この冬の時期であることをご存知でしょうか。

そして、それが温かくなった時期に大きな結果をもたらすようなんです。

スポンサーリンク

増量期と減量期

この二つの言葉は、いわゆる筋肉の増減期なのですが、これを明確に分けることで、筋肉を効率よく鍛えることができるのです。

筋肉増加と脂肪減少

筋肉が増えるということは脂肪が減ること・・・これは実は同時に起こることは無いのです。

なぜかというと、筋肉が活性化することで「脂肪燃焼」が発生するためです。

そこで、重要なのが「カロリー」収支です。

すごく簡略的なのですが、

セリフカロリー収支=(摂取カロリー)ー(消費カロリー)

と理論的に表現できます。

つまり、

カロリー収支がプラスの場合:筋肉・脂肪共に増加↑
カロリー収支がマイナスの場合:筋肉・脂肪共に減少↓

となります。

これを見ると、「筋肉を増やす」か「脂肪を減らす」か、どちらか一方しか達成することはできませんね・・・

ただ、長期的に見た結果として、筋肉が増加すれば代謝機能が促進し、脂肪が燃焼してきます。

 

スポンサーリンク

増減の割合は一定ではない

カロリー収支がプラスのときは、筋肉・脂肪共に増加しますが、筋肉と脂肪が同じ割合で増える訳ではありません。

筋肉と脂肪の増減が同じ割合で進行する場合

【1日目】カロリー収支がプラス10の場合、筋肉が5↑、脂肪が5↑
【2日目】カロリー収支がマイナス10の場合、筋肉が5減少↓、脂肪が5減少↓

見ての通り、1日目と2日目の合算で『+-=0』となってしまいました・・・効果がないですね。。

次は、カロリー収支は同じで増減の割合を変えてみます。

筋肉と脂肪の増減の割合が異なる場合

【1日目】カロリー収支がプラス10の場合、筋肉が8↑、脂肪が2↑
【2日目】カロリー収支がマイナス10の場合、筋肉が2↓、脂肪が8↓

1日目と2日目の合算で、筋肉が+6、脂肪がー6になります。

1日単位でみると、筋肉・脂肪が共に増加か、共に減少かどちらか一方の現象しか起こってません。

トータルで見ると筋肉を増やして脂肪を減らしています

これが肉体改造の原理で、成功事例です。

ただ、このような結果を残すには、日々のたゆまぬ努力が必要で、わたくしは食欲に負け、結局変わらないことがよくあります。。

増減の割合のコントロール

カロリーが「+」の時は、筋肉も増えるが脂肪も増えるため、なるべく筋肉の増加する割合を大きく、脂肪の増加を最小限にする。

カロリーが「ー」の時は、筋肉も脂肪も減るため、なるべく筋肉の減少は抑えて、脂肪が減る割合を大きくしたい。

これを実現するためには、細かいコントロールが必要で、そのコントロール方法が、「筋トレ」と「食事管理」なのです。

スポンサーリンク

筋トレと食事管理

トレーニングにより筋肉は刺激を与えると活性化し、カロリーを効率よく代謝します。

また、食事の栄養バランスを考え、筋肉になる栄養素を摂取し、脂肪になりやすい栄養素を控える

単純明快な方法なのですが、現代社会ではなかなか難しいことだと、わたくしも実感しております。

時期を分けた方が効率が良い

上の例では1日単位で説明しましたが、実際の所はなかなかうまく行きません(経験談・・・)。

筋肉は刺激により消耗し、それが回復することでどんどん強くなっていきます・・・サイヤ人みたいな・・・

その筋肉が回復するまでの日数が不明確で、1日毎に食事内容を変化させるのも、まあ難しいのです・・・。

つまり、短期的なダイエットはできないということです。

また、カロリー収支のタイミングが非常に重要で、筋肉が増えるはずのタイミングで、マイナスカロリーになってしまうと増えたはずの筋肉を無駄にしてしまう。

逆に必要としていないのに、オーバーカロリーになってしまうと無駄な脂肪をつけてしまう。

なかなか難しいですね~(-_-;)

毎日、筋肉が何g増えたとか脂肪が何g減ったとかわかれば良いですが、人間の体はある程度長期で見ないと変化がわかりません。

そのため、一定期間は、筋肉を増やすのか脂肪を減らすのかどちらかに集中した方が効率よく進められます。

わたくしのように、日々体重計で一喜一憂しても仕方ないということですね・・・でも気になっちゃうんですよね~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です