正しい姿勢がお腹周りの維持に有効!?腹筋と背筋に力を入れることで相乗効果発揮!?

デスクワークになって早4か月、お腹がどうも気になっているデコイチです(;^_^A

今まで、活発に動いていたので、余計に気になってしまいます。

昔太っていたこともあり、それに戻りたくなく、いろんな調整を実施していますが、最近は夜に多めのご飯を食べてしまうような・・・

先週末から金沢旅行に行った際も・・・

本日体重計に乗ったらわたくしてき基準よりも2kgオーバーしており、凹んでいます。

お腹周りも気持ち大きくなった(と、心配し過ぎで感じるだけらしいが・・・)ため、食事の調節を何日かしなければと考えております。

しかし、お腹周りが大きくなってくるといろいろと不便ですよね(-_-;)

わたくしは特にTシャツをピッタリ着たい人で、お腹が出ると不格好になってしまい嫌です。

お腹を締めるには、やっぱり腹筋周りの筋肉を鍛えることが必要になります。

その鍛え方は、過去に調べました。

腹筋に継続的に力を入れると、お腹周りがスッキリするだけでなく、全身を健康にする!?

男も女も腹筋で痩せる!?効率的な腹筋で脂肪燃焼&引き締め!!

しかし、お腹が大きくなる理由には現在のわたくしの状況も大きく関与しているようです・・・

スポンサーリンク

 

お腹周りは姿勢次第!?

わたくしたちの身体は地球の重力環境に最も適した構造をしています。

頭の重さ、内臓の重さをうまく吸収するようにできており、その姿勢を維持するためには骨だけでなく全身の筋肉が働いています。

わたくしのようにデスクワークは座って実行することが非常に多いため、どうしても前屈みになりがちです。

また、姿勢が悪くなっている人と聞いて、思い浮かぶのは「猫背」ではないでしょうか。

猫背は、腹筋や背筋に力を入れずイメージ的にはダラーンとしている感じです。

デスクワークにせよ、猫背にせよ、腹筋・背筋がほとんど活性化しておらず、太る原因となります。

筋肉は糖分を代謝し脂肪を燃焼させますが、筋肉を使用しないので引き締めの効果が薄いため、他の筋肉を使っている部分と比べて脂肪が付きやすくなります。

前屈み状態が継続すると、「腹筋を使わない+脂肪が下腹部に溜まる+内臓も下がる」という悪循環に陥ってしまい、簡単に太る要因となります。

また、人間の(哺乳類の!?)進化の過程で、お腹周りは脂肪が溜まりやすいというのも、大きな要因です(その理由も気になりますね・・・)

そして、力が抜けているためダラーンとしてしまうので、”力”を意識して入れることが重要です。

 

スポンサーリンク

 

お腹を鍛えるには「背筋」が重要だったり!?

お腹は腹筋(腹直筋)がメインの筋肉であることは間違いありません。

しかし、それだけを鍛えても効果は非常に薄く、「背筋」も同時に鍛えることによって大きな成果を得られます。

腹筋はいわゆるお腹全面を支配する筋肉で、前方に引っ張る筋肉です。

すると、引っ張られているだけでは姿勢は悪いままなので、逆に引っ張る力「背筋」が重要になります。

背筋がへなちょこだと、前に屈みがちになり、結局腹筋をしても効果は薄いので、後ろに引っ張ってバランスをとることが大切です。

そして、ここでも”力”を背筋へ入れます。

難しいですが、背中に意識を集中する感じで。

骨盤の歪みも肥満と大きく関係!?

わたくしは昔からそうなのですが、イスに座った時に足を組むクセががあったり、立っている時に片足に体重をかけるクセがあります。

そういう方は、不自然な重心調整を行っており、つまり、骨盤が歪んている可能性があります。

じつは、その骨盤の歪みは、お腹への脂肪蓄積を招く原因になります。

その理由は次の3つが挙げられます。

内臓の位置が下がる

骨盤の上には、胃や腸などの内臓が乗っており、骨盤が内臓を支えています。

しかし、姿勢が悪いために骨盤が歪んでしまうと、骨盤が内臓を支えられなくなり、内臓の位置が下がってしまいます。

その結果、内臓の分お腹が膨れやすくなり、また、内臓脂肪も付きやすくなると考えられます。

内臓が歪んで代謝が落ちる

先述したように、骨盤の歪むと内臓の位置が下がり、内臓までもが歪んでしまいます。

内臓の歪みは、内臓の活動を弱らせ、消化に要する消費エネルギーも少なくなってしまいます。

つまり、内臓の歪みがエネルギー代謝効率を悪くし、脂肪がたまりやすくなってしまうということに・・・

 

スポンサーリンク

 

老廃物がたまって体がむくむ

上半身から流れてきた血液やリンパは、骨盤を通過し下半身へ流れていき、再び上半身へ戻るという循環をします。

また、多くの神経も骨盤を介して存在しています。

もし、骨盤が歪んでいたら、骨盤内で血液やリンパおよび神経伝達の流れが悪くなってしまいます。

その結果、下半身に老廃物がたまりやすくなって、下半身がむくんでしまう恐れがあります。

そして、このむくみを放っておくと、老廃物と脂肪が結合してセルライトが発生します。

セルライトは皮膚表面をデコボコに、一度できてしまうと除去するのに長い時間が必要になります。

女性にとっても、男性にとっても、決して良いものではありませんね(;^_^A

最後に

お腹周りを補足維持するためには、腹筋・背筋を鍛えることが重要ですが、それと同時に姿勢を正すことで大きな効果が期待できます。

特に骨盤に関しては、わたくしは一度も気にしたことが無かったため、少し心配です。

普段、食事の調整で体重を維持してきましたが、年齢も年齢なので、それだけでは厳しくなることを前提に、今から、姿勢の矯正に意識を向けたいと思います。

また、腹筋は姿勢によっても効率的に鍛えることができます!!参考にしてください。

「美しい姿勢」で腹筋と骨盤のキレイ痩せを実現!?猫背の改善および疲労回復効果も! 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です