糖尿病と睡眠の関係性は深い!? 眠気には血糖値の上がり下がりが関係!?

なかなか眠気が退かない・・・こんなことはありませんか?

わたくしは、日々、日中に眠気を感じています💤

これは以前にも申し上げましたが、通勤時間の関係で朝早く夜遅いため、睡眠時間が絶対的に少ないことが原因だと思います😱

また、それにも関わらず、夜遅くまでパソコンいじったり、YOUTUBE観たりしてるから、自業自得なんですけどね😅

それはさておき・・・

眠気の原因には生活リズムの乱れだけでなく、種々の病気が関係していることも少なくありません😬

その中でも、最近知ったのですが、「糖尿病」もその病気の一つのようです💥

最近、糖分やカロリーなど注意をしているだけに、気になり、調べてみました🍎

スポンサーリンク

 

眠気が退かない原因は!?

糖尿病には多くの合併症を誘発する要因があります・・・

その中でも、多く併発される「神経障害」により、睡眠の質が低下したり、肥満が主な原因となって「睡眠時無呼吸症候群」などの「睡眠障害」を起こすことが多いということが原因の一つと考えられます💧

血糖値が食後の眠気に関与している!?

あなたも経験があると思いますが、ご飯を食べた後は眠くなることが”よく”あります🍞

わたくしはそれがモロに出てしまい、休日、家にずっといるときは、昼寝をして時間の無駄をよくしてしまいます😵

それは、血糖値の上昇とは関係がない場合が多く、消化のために内臓に血液が集中し、脳に血液があまり行かなくなるために、ボーっとしたり眠気を感じたりするのです💤

ところが、糖尿病の人が食後に特に強い眠気に襲われる場合は、血糖値の極端な「上昇下降」が関係しています❗

食後は誰でも血糖値が上昇しますが、「糖尿病」「糖尿病予備軍」の人は血糖値の上昇が通常の人よりも大きいのです❗

そこで「インスリン」の働きや血糖値を下げる薬などにより血糖値が下がり、「低血糖」状態になったときに眠気を感じやすくなります😴

また、「高血糖」そのものが眠気を誘う要因となっている場合もあり、食事制限により普段から血糖コントロールをしている方が、たまに糖分の多いものなどを口にすると、一気に血糖値が上がり、それ自体が身体の負担となり激しい眠気に襲われるようです・・・

コントロールは、急にできないということですね😵

質の高い睡眠と血糖コントロールが大切!?

日中の眠気を解消するには、きちんとした「血糖コントロール」により「神経障害」などの合併症を防ぎ、「睡眠の質を保つ」こと、「血糖値の上がり下がりをできるだけ減らすこと」が重要です🔅

また、「睡眠障害」「血糖値のコントロール」がうまくいかなくなる原因とも言われており、「悪循環のイタチゴッコ」になってしまうため、「良質な睡眠」を確保することが重要です‼

糖尿病だけでなく、さまざまな生活習慣病は「睡眠障害」により発症することも分かっています❗

つまり、「睡眠」あらゆる生活習慣病を防ぐ基本だという認識を持ちましょう・・・わたくしも😓

「食べたあと眠い…」は糖尿病の始まり!?

ランチのあと、眠くて午後の仕事中に、ついウトウト・・・、このような経験をした人も多いと思います😬

激しい睡魔は、「糖尿病の初期症状」の可能性があるのです😔

眠気の症状としては

・食後、急に襲ってくる
・耐えられないほどの睡魔
・睡眠不足でないのに眠くなる

などがあります😶

それらが発生する原因として、「高血糖」が挙げられます❗

健康な人でも、食後は「血糖値が一気に高く」なります❗

これは食事を摂ることで、体内に取り込んだブドウ糖(グルコース)を、消化・吸収するまでの間に一時的に高くなるものです🍎

そりゃー、食べればそれだけ増えますよね、糖分🍚

血糖値が「食後2時間で140mg/dlを超えると食後高血糖」と判断されます⚡

健康な人はこの値を超えることはほとんど無く、超えても2時間以内に元の血糖値に戻ります🙂

しかし、糖尿病の場合は、インスリンがうまく働かないことが原因で血液中にブドウ糖が多く存在しており、時間が経っても血糖値が戻りません⚡

これは全身の細胞のエネルギー源が不足していることであり、最低限の生命維持を脳は考え、身体全体を休ませようとして眠気を起こします💤

 

スポンサーリンク

 

食事で改善

食後に眠くならないためには、糖の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を緩やかにすることが一番です😯

一気に高血糖にならないよう、食事はゆっくりと時間をかけて食べましょう・・・よく噛むことが重要です😛

「ご飯はよく噛むこと」!!現代人に欠けている健康を促進する魔法の呪文!?

食べるときは「野菜→汁物→タンパク質」の順に食べ、糖分や糖質(ごはんなど)は最後に食べましょう😊

野菜などの食物繊維は糖の吸収を遅らせる働きがあります❗

タンパク質や脂質は、胃腸で糖分のバリケードとなって、ブドウ糖の吸収が緩やかになります❗

食事の摂り方で、大きく違うんですね🙂

また、食事の「NG行為」というものもあります😬

・大量に食べる
・糖分、糖質の多い食事
・早食い

これはどれも、わたくしに当てはまるので、非常に注意が必要だと感じております・・・😲

糖尿病は血糖値の上昇から始まり、糖尿病治療も血糖値との戦いです😨

眠気やだるさも食後のブドウ糖の吸収に関わるものです❗

糖尿病の予防および治療のためにも、まずは糖分を控え暴飲暴食を避けることが第一です⛔

最後に

今回は眠気の原因に糖尿病があり、そのうち「高血糖」について調べました❗

「糖尿病」ということから、糖分過剰が多くの合併症を引き起こしてるのは、何度も、クドク言っていますが、対応策としては「血糖値を下げる」ということが考えられます。

しかし、血糖は「下げれば良いってもんじゃない」という事実も判明しているようです😱

それは「低血糖」という状態を引き起こし、コレマタ重大な症状を発生させるようなんです・・・

次回は、これについて記載していきます☝

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です