糖尿病の恐ろしい症状とは!?渇き・空腹・神経障害・・・合併症がたくさん!?

糖尿病の種類にも、様々な原因や種類があるのにはビックリしました

現代は生活習慣の乱れが通常運行のようになっていますが、それだけ世の中が便利になったということですよね

深夜までオープンしてるファストフードコンビニファミレスなど、人を誘惑する原因がたくさんあります

そんな中で、糖尿病は最も身近な病気であると、わたくしは感じます

生物の原動力となるエネルギーの最たるものが「糖分」であることは何度も言っていますが、現代の食生活の中には、それが異常に溢れています・・・氾濫しています

それを過剰に摂取するわけですから、許容できなくなった糖分が体内で悪さをし、様々な異常を引き起こしているのです

スポンサーリンク

 

糖尿病の症状とは!?

「喉(のど)の渇き」と「排尿」

糖分は体内に過剰に存在するとよくありません

それは身体も分かっており、それを薄めて、あわよくば外に出してしまおうと考えます!!

つまり、腎臓から血液中のブドウ糖を排出しようと働くため、「尿」として排泄しようとします☝

血中の糖分を薄め、さらに尿量が増えると体内の水分量が減り、脱水状態になり喉が渇きます!

当たり前と言えばそうなんですが、うまくできています、身体は

また、大量に尿を排出するため、糖分以外の成分も普段より排出され、タンパクも例外なく含まれ、これにより尿に泡が立ちやすくなります

これはかなり悪化することもあります

高血糖の時は体にブドウ糖が取り込めないので、糖分が欲しくなります・・・砂糖入りの甘~いジュースとかお菓子とか・・・

こうなると癒やすことができない渇きに苦しむことになります

糖分を摂り続けると、ますます喉が渇きます!

まさに「悪循環」ですね・・・わたくしも甘いものは気がつくと食べ飲んでおり、「悪夢」の予感がします・・・

 

食事したのに「空腹感」を感じる&「体重減少」

正常の人であれば、経口摂取したブドウ糖は体内に取り込まれます

しかし、糖尿病になるとインスリン不足で高血糖になり、ブドウ糖は吸収されにくくなり、上記のように「尿」に混ぜて(尿糖と言います)摂取した栄養分が体外に出るためカロリー不足になります!

その結果、食事をとったにもかかわらず空腹感を感じるようになります

また、体はブドウ糖が取り込めないと、脂肪を分解して「ケトン体」としてブドウ糖の「代替エネルギー源」にしたり、筋肉のタンパク質を分解してブドウ糖を生成するようになります

ケトン体の一部は呼気中に排泄されるので、呼気がフルーツ臭を感じさせることもあります・・・いずれにしても、これらにより体内成分が分解され、高血糖がヒドイと体重が減ります

高血糖症状の口渇、多尿よりも一般的ではありませんが、高血糖で「痩せる」のはとても悪い状態です・・・

スポンサーリンク

 

 

食後数時間後に「だるさ」や「眠気」を感じる

「だるさ」や「眠気」高血糖や低血糖の時に現れます!!

高血糖時の「だるさ」は、インスリン不足で筋肉のエネルギー源であるブドウ糖が取り込めないことによるものです

それに輪をかけ、筋肉内のタンパク質の分解も開始されればエネルギーは必然的に不足し、そりゃー細胞活動も鈍くなりますよね・・・

また、糖尿病になると様々な神経障害を併発することが多く、これにより睡眠の質が低下したり、肥満が主な原因となって「睡眠時無呼吸症候群」などの睡眠障害を起こすということが「眠気」の原因と考えられます

高血糖と食後の眠気の関係

健康な人でも、ご飯を食べた後は眠くなることがよくあります。

それは、血糖値の上昇とは関係がない場合が多く、消化のために内臓に血液が集中し、脳に血液があまり行かなくなるために、ボーっとしたり眠気を感じたりするのです

ところが糖尿病の人が食後に特に強い眠気に襲われる場合は、血糖値の極端な上がり下がりが関係しています

食後は誰でも血糖値が上昇しますが、糖尿病や糖尿病予備軍の人は血糖値の上昇が普通の人よりも大きいのです☝

そこで、インスリンの働きや血糖値を下げる薬などにより血糖値が下がり、「低血糖」状態になったときに眠気を感じやすくなります

また、「高血糖」そのものが上記の神経障害を発生させ、眠気を誘う要因となっている場合もあり、食事制限により普段から血糖コントロールをしている方が、たまに糖分の多いものなどを口にすると、一気に血糖値が上がり、それ自体が体に負担となり激しい眠気に襲われるようです・・・これは恐ろしい・・・甘いものが食べられないのはストレスになりますね

糖尿病性神経障害

糖尿病により血糖値の高い状態が続くと、全身の血管はダメージを受け、静かに合併症が進行していきます

その合併症の中で最もよく起こり厄介なのが、「痛み」をはじめとした感覚異常を引き起こす「神経障害(糖尿病性神経障害)」です

糖尿病の方が全員、こういった合併症を発症するわけではありませんが、血糖コントロールが不良で高血糖が続いていたり、糖尿病を発症して何年も経っている場合、また、糖尿病のほかに高血圧や脂質異常といった生活習慣病がある場合や、喫煙や飲酒によっても、神経障害などの合併症を起こすリスクは高くなります

反対に、血糖コントロールをうまく行うことができれば、神経障害の発症や進行を抑えられることもわかっています✌

合併症は糖尿病の得意技で、何種類も引き起こします・・・迷惑な話ですよね

上記で記した病状も、さらに深くいろんなことが潜在しており、長くなりそうなのでまた次回、書きたいと思います☝

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です