糖尿病の原因は砂糖がメイン!?それを管理するインスリンも盛大に関係している!?

糖分を大量に摂ると、「糖尿病」になりやすいことは前回までも示しました

単純ですよね、「糖分」が大量に体内に入れば、処理仕切れなくなった「糖」「尿」などにあふれ出て、体内機能の障害がいろんなところで発生するということは、何となくでも想像しやすいと思います

しかし、なかなか止められないんですよね、わたくしは・・・

基本的にご飯は昔から人よりも食べる方で、子供の頃は、学校で給食の余りを処理していましたから、同類の方々と(笑)

現在でも油断していると簡単に食べ過ぎてしまい、そのクセ体重は気にするという矛盾が生じています

ところで、「糖尿病」と言っても、その発生機序や状態で種類があることを、あなたはご存知でしたか!?

「原因や種類、症状がまさかこんなにたくさんあるとは!?」と初めて知ったときは思いました

ただ、「糖尿病」という病名しか知らず、どんな症状なのかも分からず、「ただ危険な病気」という認識しか無かったです

 

スポンサーリンク

 

「糖尿病」とは!?

前回までに、

[糖分は体内では生命エネルギーとして使用され、そのメインは「ブドウ糖(グルコース)」であること][その糖分を調節しているのが「インスリン」と呼ばれるタンパク質で、それは膵臓の「ランゲルハンス島」から出てくる]

ということが分かりました

※ランゲルハンス島についてはこちらを参照

糖尿病にかかわる「ランゲルハンス島」とは!? また、「インスリン」と反対属性の「グルカゴン」とは!?

糖分は生きていく上で必須なものであるため、わざわざ調節する機能が身体に備わっているので、無くてはならない存在です

しかし、これが過剰になると「腎臓病」や「網膜症」、「神経障害」や「多臓器不全」など、様々な病態を引き起こす、非常に恐ろしい病気なんです

名前とは裏腹に、甘っちょろいものではないのです

「糖尿病」の原因とは!?

糖尿病の原因は、「糖分の過剰摂取」と言ってきましたが、これは要因の一つに過ぎず、これ”だけ”が原因であれば、糖分の摂取を抑えれば改善されます

しかし、多くの場合、遺伝的な背景を持ち、種々の環境因子によって発症します

その発症様式はいろいろありますが、どれにも共通に認められるのが「インスリン」のトラブルです

※インスリンと糖分の関係についてはこちらを参照

糖分過剰は糖尿病への入り口!?それを防ぐ「インスリン」の偉大な働きとは!?

インスリン」は膵臓の「ランゲルハンス島」の「β細胞」から産生されると、前回までも言ってきましたが、

 

・その「インスリン」の産生・分泌障害によるもの

・「インスリン」の作用を妨害する因子の存在(インスリン拮抗物質など)

・「インスリン」作用発現機構の異常による効果不良(インスリン受容体異常や異常インスリンなど)

 

これらが少なくとも一つ、多ければ複数が絡み合い発生するので、非常に厄介な病状となります

 

スポンサーリンク

 

「糖尿病」の種類とは!?

単刀直入に申します

「糖尿病」には「4種類」の分類が、現在では示されています

これは、わたくしも勉強するまで知りもしませんでした・・・・

それぞれ、発生する形が異なり、それが分類に大きく関与しています

①1型糖尿病

別名【インスリン”依存性”糖尿】と呼ばれているものです

これは、何らかの原因により膵臓のランゲルハンス島の「β細胞」が障害され、うまくインスリンが産生できずインスリン不足により糖分調節ができません

そのため、体の外からの「インスリン補給(インスリン注射)」が絶対的に必要となり、このことから「インスリン”依存性”」と呼ばれています

原因はまだハッキリとはしていませんが、ウイルス感染による自己免疫機能の誤作動などが推定されています

②2型糖尿病

別名【インスリン”非依存性”糖尿】と呼ばれているものです

これは、膵臓が産生する「インスリンの量が少ない」場合と「インスリンの働きが悪い」場合、そしてそれらが重なって発症するタイプです

日本人の成人の糖尿病の約95%がこのタイプで、自覚症状がないため、「健康診断」で発見されるケースが少なくありません

以前は、中高年の人に発症することがほとんどでしたが、「食生活」をはじめとするライフスタイルの欧米化により、今では若い人や子どもにも増えています

その他にも発症に関係する危険因子は多く、年齢、肥満、飲酒、喫煙、運動不足、遺伝、高血圧、ストレスなどがあります

まさに「生活習慣病」を具現化したような発生要因ですね・・・

「高血圧」や高血圧に近い血圧値を示す人は、血圧が正常な人に比べて糖尿病を合併する割合が高いことが報告されており、特に「高脂血症(わかりやすく言うと脂肪大量状態)」に糖尿病を合併すると、「脳卒中」や「狭心症」、「心筋梗塞」などが起こるリスクが高まります・・・なんとも強力な病気ですね・・・いろんな凶悪病への架け橋にもなり得るとは

③妊娠糖尿病

これは、妊娠をキッカケに、血糖値が高くなるなどの糖尿病の症状があらわれる糖尿病です

しかし、妊娠前、すでに糖尿病と診断されている患者さんは妊娠糖尿病とはよびません。

④その他の糖尿病

これは根源的なものでは無く、何かの病気の”二次的”に発生するもので「二次性糖尿病」と呼ばれています

病気の種類は多岐に渡るため、ココでは割愛します

 

スポンサーリンク

 

糖尿病の原因は身近に・・・

もうお分かりかと思いますが、糖尿病は遺伝的だの、膵臓機能が元来低下気味だっただの、根源的な要因はあります

がっ

上でも記しましたが、現代の環境が大きく関与している生活習慣病「2型糖尿病」は、あなたの身近にも無数に存在しています

わたくしの周囲にももちろん無数にあり、そこに自ら足を突っ込んでしまうことも多々あります・・・・・

まだ糖尿病の症状は出ていませんが、現代には「糖尿病予備軍」と呼ばれる「いつ発症してもおかしくない人」が日本だけでも「1100万人」は存在しているようです

これは他人事ではありません・・・わたくしはタダでさえ誘惑に弱いため、慎重に考える必要があります

糖尿病の具体的な症状や対応策は、また次回書きたいと思います

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です