睡眠の種類と役割とは!?この二つを理解し、快適な睡眠を得る

昨日、昼寝について書いてきましたが、わたくし通常の睡眠に対しても寝付けなかったり、寝起きの身体がだるかったり、気分が落ち込んでいたり、そんなことも最近多いです。仕事の疲れも原因の一つだと思いますが、正しい睡眠ができていないことも原因にあると思います。そこで、正しい睡眠について知りたくなり、調べていみました。

睡眠とは・・・

睡眠は1日に蓄積された疲労を回復・リフレッシュするための現象であり、身体的よりも脳に対して重要な役割があるといわれています。脳は睡眠時も活動していますが、記憶や情報の整理を行うため、人間が生活する上で必要不可欠です。脳は体重の2%しかないにも関わらず、身体エネルギーの18%を使うコストパフォーマンスの非常に低い臓器であるとの認識もあり、それを維持するためのメンテナンスとして、睡眠を行うということになります。

スポンサーリンク

睡眠の種類

睡眠は寝てしまえば、起きるまでは基本的に意識はありません。つまり、寝たら起きるという単純な行動にしか思えませんが、睡眠にはいくつかの段階で種類が区切られています。

sleep_cycle

 

☆レム睡眠(浅睡眠)

Rapid Eyes Move:眼球が激しく動く様子」の頭文字をとり「REM睡眠」と呼ばれます。入眠後、約90分で現れます(図の青い部分)。ここでは身体は深くグッスリ眠っていますが、脳はいわゆる「浅い眠り」で、この時に目覚めると、スッキリな気分になります。筋肉の疲労回復、記憶の固定や精神的な感情の整理などが行われているといわれています。また、一般的に夢を見る段階とも言われています。

☆ノンレム睡眠(深睡眠)

NonRapid Eyes Move:眼球動いていない様子」の頭文字をとり「Non-REM睡眠」と呼ばれます。脳も身体も深くグッスリ眠っている状態です。身体を支える筋肉は活動しており、脳ではストレスの消去やホルモンの分泌が行われています。眠りが深くなるにつれて、呼吸回数・脈拍は少なくなっていきます。この睡眠状態は眠りの深さにより大きく4段階に分類されています。

stage1:覚醒から睡眠に入る段階の浅い睡眠。周囲の状況がある程度把握でき、目を覚ましやすい状

態。別名「うとうと眠り」。わたくしの仕事の休憩中はこんな感じ(~_~;)

stage2:すやすや眠り状態で、浅睡眠であるが、最初に来る真の睡眠状態。

stage3:深睡眠で、簡単には目が覚めない。もし覚めたとしても、周囲や自身の把握が困難な状態。

stage4:stage3よりもさらに深い睡眠状態。最深睡眠。

ノンレム睡眠が約80分行われた後にレム睡眠が約10分の計90分を睡眠の1サイクルとしています。これが5サイクルあり、適切な睡眠時間が約7時間と言われる理由です。このサイクルが終わった時点で目覚めることができれば、快適な目覚めとなります。しかし、このサイクルの時間は人の疲労具合や睡眠環境によって大きく左右され、必ずしも7時間というわけではなく、5時間の人もいれば9時間の人もいます。わたくしは最近4時間前後が基本ですが、もっと睡眠時間欲しいです(/_;) 少なくとも経験上7時間前後が、自身の最適睡眠時間であると感じます。

スポンサーリンク

レム睡眠が長いと・・・!?

レム睡眠時は眼球が激しく動き、脳内では記憶の固定や精神的な整理を行っており、脳は活動中です。眠りの段階では「浅い眠り」になります。脳は休息できておらず、目が覚めた時に熟睡感が得られなくなります。つまり、このレム睡眠の時間帯が長いほど脳の疲れが取れていないことになります。

この時間帯に夢をみると言われていますが、1晩に3個以上の夢を記憶していればレム睡眠が長い証拠と言えます。人はレム睡眠を4~5回実行しており、単純に考えれば4~5の夢を記憶として持っていることになりますが、まあそんなに複数覚えている人はおらず、覚えていても最後の夢がほとんどだといわれています。これはレム睡眠の後の深い睡眠(ノンレム睡眠)によって忘れてしまうからだと考えられています。つまり夢を複数記憶している人は、レム睡眠の時間が長く、ノンレム睡眠の時間が少ないことになり、脳が十分な休息を得られていないことになります。わたくしは夢をほとんど覚えていないのですが、鮮明な時はほんとに鮮明であるため、最後のレム睡眠が非常に長いことになりますね。

この原因は・・・

レム睡眠が長い=脳の休息が不十分なため、心当たりのある人はぜひ改善をした方が良いと思いますが、この原因は、精神的なストレスを強く受けている人に多い傾向があるようです。最初に書いたようにレム睡眠は記憶の固定や精神的な感情の整理などを行う時間です。そのため、脳が精神的な安定状態を得ようと必死になってストレスの解消に尽力しているところです。

最後に

睡眠にも種類があって、それぞれに特有の機能があるんですね。わたくしは今も心身ともに疲労が蓄積していますが、元々精神的に弱いところがあり、レム睡眠が人よりも長いのかもしれません。なれない仕事、通勤、新たな人間関係の構築、この春から急激にいろんなことが変わりました。そのため休日は

グッスリなんてことが当たり前です。今日もお昼12時過ぎに起きてしまいました(~_~;) これでは身体もだるいし、時間ももったいないので、改善しなければ良質なQOLが得られませんね。

これから、もっともっと睡眠に関しての知識を共有していきたいと思いますので、あなたも良質な睡眠をとり、生活のQOLを一緒に得ていきましょうね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です