手が荒れる原因は何か!?正しい手荒れ対策とその直し方(^_-)-☆

新年あけて、ますます寒く なってきています!

それに伴い、広く乾燥もしており、最近では乾燥と強風が原因で火災が頻発しているというニュースもよく目にします(~_~;

それに、乾燥は人体にもけっこう厄介な影響を及ぼすこともあります。

わたくしもそうですが、「肌」がやられてしまうんです・・・体質的に肌が弱いというのもあると思いますが(^-^;

「乾燥肌」「あかぎれ」ってやつですか。

特に指先がボロボロで、趣味のギターを弾くときにも引っかかったりすることも・・・

しかし、なぜ手荒れが起こるのか?またなぜ改善されないのか? わたくし自身は気を遣っているつもりですが、その真相を調べてみました。

スポンサーリンク

 

手荒れが発生する理由とは?

手荒れと言っても、発生要因は一つではないようです。

わたくしは基本、乾燥だと思いますが他の要因も混ざっているのかも・・・

 

①肌の乾燥

おそらく、わたくしの主たる原因と考えられます(-_-;)

空気が乾燥することで肌が水分を失い、パサパサになってしまいます。

そのため、手の水分も蒸発して潤いが失われてしまいます。

水分が失われると、肌表面は硬くなり、手や指の表面にヒビが入ったり・あかぎれが起きたりもします。イメージとしては、乾燥したパンですかね・・・硬くて、表面が割れて剥げてきます・・・(;O;)

とはいえ、乾燥は何も冬にだけ起こりうるものではなく、一年を通して起こりうる可能性があるのです。

例えば、レジなどお札を定期的に触る仕事に就いている場合、毎日多くのお札を触る事によって手の水分が失われます。

また、アパレル職の場合は衣類を毎日触る・畳む作業を繰り返す事で、手の水分が奪われ乾燥が生じることもあります。

このように、季節に関係なく手を使用する仕事に就いている方は、常に手の乾燥や手荒れの可能性があるのです。

水分が逃げていく仕事、他にもたくさんありそうですね・・・大変(-_-;)

②水仕事

水と一緒に皮脂が流れる事で、手は潤いを失いカサカサと乾燥し、表面が硬くなってしまいます。また、水だけでなく、食器用洗剤(主に中性洗剤)を使用することでも、皮脂が除去されて手がさらにカサカサに・・・

その状態が続くことで、手にはひび割れが起き、ひどくなるとあかぎれへと繋がることがあります。

主婦や飲食業のように、水仕事を定期的に行っている方に多く見られる手荒れです。

これはあかぎれが怖いですよね(ノД`)・゜・。

③アレルギー反応

アレルギーによって発生する、いわゆる「皮膚炎」の一種です。

その原因は様々で、植物や金属、化学薬品、衣類など、十人十色で自身の持っているアレルギーを把握しておくことが予防につながります!

例えば、美容師さんなど特殊な薬を多く扱う職業は、薬の強い刺激によってアレルギー反応を起こし、手が荒れてしまいますよね。

このように薬など特殊なものによる手荒れの場合は、通常の手荒れとはタイプが異なりますので、病院で早めに診てもらうことをおすすめします

手荒れの改善と対策とは?

手荒れの改善には手をしっかりガードして使い過ぎない」ことが非常に重要です。

その方法なんですが、とても簡単ですが、継続していくことが大切ですね(^^)/

 

スポンサーリンク

 

①ハンドクリームでしっかり手を守ろう!

こまめにハンドクリームを塗ると、角質層がガードされる、つまり水分が失われるのを防ぐこ

になり、乾燥を予防できます。

特に入浴後はハンドクリームをたっぷりつけて、しっかりケアしましょう。

クリームを手全体に擦り込むように揉みながらマッサージする感じがおすすめです!(^^)!

②ハンドソープを使った手洗いや消毒をしすぎない

ハンドソープは皮脂や水分を奪う原因です。

それほど汚れていない時は、流水で洗うだけにしましょう。

アルコールなどの消毒も手荒れのもとになるので最小限にします。

③食器用洗剤は2種類を使い分ける

食器用の洗剤は洗浄力が強いものと弱いもの、2種類を用意して

汚れが少ない時は低刺激性のものを使うようにしましょう。

また、台所で手を洗う時には、食器用洗剤ではなくキッチン用ハンドソープで洗って下さいね!(^^)!

④水や紙を触る時は手袋でガード

水仕事の多い人やダンボールや紙、布地などを触る人は

皮膚から水分が奪われ、手荒れを起こしやすくなります

作業中は手袋をつけて、手をガードしましょう。

⑤パソコンやスマホの使い過ぎに注意

長時間、パソコンやスマホを触る人は、指先が長い時間刺激をうけて

手荒れを起こしやすくなります

使い過ぎに注意をして、使用後はしっかりケアしましょう。

最後に

手荒れは日々の生活で大変な思いをしています、わたくしは・・・

上記のように、肌の水分喪失が主な原因ですが、手や指の皮膚は、水分を維持する皮脂を分泌する皮脂腺が少ない です。

そのため皮膚膜が薄くなり、代わりに角質層が厚くなって保護する役目を果たしています。

ところが、頻繁に水仕事をしたり手や指のケアを怠っていると、皮膚膜はさらに薄くなり

手の潤いをキープしている水分が奪われてしまい、さらに、乾燥や摩擦などの刺激が加わる

と角質層は弾力を失って、干からびた餅のようにひび割れの状態に(ノД`)・゜・。

冬に手荒れをおこす原因は、湿度が低くなって皮膚から水分が蒸発しやすくなるとともに
水仕事でお湯を使う機会が増えるためです

これらのことを念頭に置き、日々の生活で注意していきたいですね(^_-)-☆

ほんと、手のカサカサ、ギターに引っかかって痛い時が多いので、注意します!!!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^^)/~~~

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です