頭痛の種類は場所によって違う!?「②片頭痛(偏頭痛)」

今回は、わたくしの周囲にたくさんいる「片頭痛」です。

最近の天候が悪かったためか、片頭痛で悩んでる人が多いです(^_^;)

これは、「緊張型頭痛」の次に多い頭痛20代から40代の女性に特に多くみられます

起床した直後から頭痛に悩まされるのは、非常に凹みますね・・・薬が手放せない人も多く、辛いですね(ノД`)・゜・。

今回は、そんな「片頭痛」について書きました 。

 

スポンサーリンク

 

原因とメカニズム

一般的な見解としては、頭蓋骨内(脳)の血管が拡張して、その周囲を取り巻いている「三叉神経」が圧迫されます。それによって、三叉神経が刺激され興奮状態になると、炎症物質が放出され血管の周りに炎症が起こり頭痛になると言われています。

しかし、現在ではハッキリと解明はされていません

決定的な原因が分かっていないと、対策もしづらいですよね(^_^;)

ただ、以下のことが誘因と考えられています。

・睡眠不足など生活リズムの乱れ
・緊張状態から開放されてホッとしたとき
・雑踏・人ごみでの精神的・肉体的な疲労
・熱いお風呂、サウナ
・月経(女性ホルモンの影響)
・アルコールや特定の食品
・過度のリラックス(がっつり睡眠など)
・気圧の変化

過度のリラックスや緊張からの解放は、一見いいことだらけですが、急に血管が拡張し血流が流れると刺激が起こることは想像しやすいです。

いずれも誘引から自律神経に影響して、血管の収縮・拡張のリズムが乱れて頭痛が起きると言っても過言ではないです。

イメージとしては、

緊張が一気に緩む → 血管が広がる+血流の急激増加 → 血管周囲の神経が圧迫される

という感じ。

どんなことも「急激」というのは、良くないですよね(;^_^A

症状

特徴的なのが「ズキズキと脈打つような強い痛み」です。

痛くなる場所は主に、こめかみから目のあたりが多く、人によって片側だったり、両側だったりします。

わたくしの周囲で悩んでる人も、片頭痛言いつつも、両側が痛んだり、その時によって位置が変わる人もいます。

また、光や音に敏感になったり吐き気などを伴ったりしますが、その他に以下のようなことが起こります。

 

・拍動性のある痛み(脈拍に合わせてズキンズキンする)
・頭の片側が痛む(両側の場合もある)
・痛みのピークに吐き気がすることも
・身体を動かすと痛みが強くなる
・遺伝することが多い
・頭や体を動かすと、頭に響いてさらにひどくなる傾向がある
・頭痛の前兆として、視野の中に光が表れたり、視野が欠ける、生あくび、肩こり、首筋のハリが見られる

緊張型頭痛とは反対に、片頭痛は脳の血管が拡張することによって発症します。

そして、頭を動かすと痛みが悪化するので、日常生活にも支障が出やすい頭痛のため、「頭痛持ち」は非常に苦痛だと思います。

動きたくない・動けないほどの痛みを感じてる同僚もいるので、顔色とかも悪く、調子悪いのがハッキリわかります・・・これは辛い(~_~;)

 

スポンサーリンク

 

対処法

片頭痛を発症すると、頭を動かしたり外からの刺激によって頭痛が悪化してしまいます。

そのため、一次対処として結論から言うと

「光や音のない暗い部屋で安静にすること」

が基本的で最も効果的な対処法です。

光などの刺激や、運動や入浴、マッサージなどは血管を広げ、炎症を発生させてしまうため屋内で安静が一番で、横になるとより効果的です。

また、患部を冷やすことも効果的です。

冷えたタオルや冷えピタなどでクールダウンさせることで、血管の拡張を抑制できます。

この点、緊張型頭痛とは正反対の対処になります。

次に二次対処として市販の頭痛薬を利用する場合は、症状が出始めたときに早めに服用すると効果的です。

片頭痛の前兆があるときは、早めに飲みましょう。

わたくしの同僚も常に薬を携帯しており、いつでも飲める状態でいます。

また、「頭痛持ち」の人は片頭痛の前兆を感じ取ることができるらしく、早急な処置がとれるようです ・・・ある意味共生してるというか習慣というか、すごいです(‘_’)

しかし、どんな対処をとっても我慢できないほどひどい場合は、専門医の診察を受けましょう。

最後に

「片頭痛」は文献によっては「偏頭痛」と記載されていますが、片側に痛みを発するという意味で違いはありませんが、これが両側に発症することもあるとは・・・初めて知りました。

片側だけでもズキンズキンと拍動する痛みは辛いのに、それが両側に発生することを考えると・・・恐怖。。

考えようによっては、緊張型頭痛より個人的には厳しい気がします(;O;)

この8~9月は台風も多く、天候も雨ばかりだったため、片頭痛を持ってる人は苦しい期間だったのではないでしょうか?

片頭痛は完治することはできませんが、予防・抑制することはできるため、自分の状態を常に把握しておく必要がありますね。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^^)/~~~

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です