頭痛の種類は場所によって違う!?「①緊張型頭痛」

頭痛とは頭が痛むことである・・・とは言ってみたものの、わたくし自身は過去に頭痛を経験したことがありません。

・・・というか、実はあったけどそれが、ごく微細な痛みだったか、あるいは鈍感すぎて「痛み」と認識していなかったということも考えられます・・・わたくしに関しては((+_+))

熱や風邪などのよる外因的なものから、潜在的(内因的)なものまで、人によって原因は様々でしょう。

最近、台風や天候が悪かったことが続いたためか、頭痛で悩んでる人がわたくしの周囲に多かったのでびっくりしたのですが、頭痛って種類があるって知ってました!?

わたくしは自身が経験無いから気にしてませんでしたが、その種類によって原因や対策が異なるようなんです(>_<)

 

スポンサーリンク

 

頭痛の種類は?

頭痛というと「片頭痛」「頭痛もち」などをイメージしますが、頭痛にもいろいろな種類があります。

大きく分けると、

1.一次性頭痛(慢性頭痛)
特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる頭痛。
首や頭部周辺の筋肉の緊張や、頭部の血管の拡張などによって起こると考えられています。2.二次性頭痛(症候性頭痛)
何らかの病気が原因であらわれる頭痛。

二次性頭痛は原因となっている病気にの治療が第一ですが、一次性頭痛はメカニズムを知り上手に付き合っていくことも必要です。

そのため、頭痛もちの人は、常に苦痛を意識しなければならず、安定的な日常生活を送るためには、一次性頭痛について知ることが必須だと感じます。(周囲にたくさん片頭痛もちがいるためか(;^_^A))

3種類それぞれがの内容が濃いため、日を分けて一つ一つ挙げていきます!(^^)!

☆緊張型頭痛☆

最も多く見られる一次性頭痛で、年齢や性別を問わず、誰もが発症する可能性のある頭痛と言えます。

原因とメカニズム

精神的・身体的ストレスが大きな原因です。

例えば、

・日常の姿勢の悪さ
・首の骨などの骨格・体型の歪み
・首や肩のコリ、緊張
・目の疲れ、歯の噛み合わせ
・ストレスや精神的な緊張

などなど・・・現代の日本じゃほぼほぼありますよね、これ(^_^;)

そうなると、頭や首回りの筋肉が緊張して血管が収縮し(固くなり)、血液の流れが悪くなります。すると、乳酸などの老廃物が筋肉にたまり、それが周りの神経を刺激することで頭痛が引き起こされます。

 

スポンサーリンク

 

症状

痛くなる場所は、後頭部から首筋にかけて頭全体が一般的です。

頭から背中にかけて分布する後頸筋群・側頭筋群・僧帽筋という3つの筋肉が関係していて、

筋肉内の血流が悪化すると以下のような症状が現れます。

・後頭部を中心に、頭全体に痛みがある
・ギリギリと締め付けられるような痛み(孫悟空の輪っかを着けられたような・・・)
・強い肩こりや首こり
・めまいやふらつき
・眼精疲労、目の疲れ
・全身の倦怠感(だるさ)
・毎日のように朝から晩まで痛むことが多いが、午後から夕方にかけて強くなる。

これらはの症状は、数時間で治まる場合や、頭痛が数ヶ月以上も続くなど、慢性化するケースも多くあります。

緊張型頭痛の対処法

原因から想像できると思うのですが、素直にその対策が有効です(^^♪

要は

後頭部から首筋、肩などの筋肉をほぐし、血流を改善することです

例えば・・・

・入浴や蒸しタオルで首や肩周辺を温めたり、ストレッチや 

 マッサージで筋肉の緊張をほぐすこと。また、枕の高さを見

 直すことも効果ありです。

 

・普段から長時間同じ姿勢を続け、その状態で長時間過ごすと

 を避ける。

 ずーっとパソコンやゲームやってると、いろいろ 疲れちゃ

 いますよね(^_^;)

具体的にはこんなところですが、

首や肩に少しでも違和感があったら、体を動かしたり軽いストレッチをすることが何より重要だと感じます。

体に負担がかからない程度に筋肉を伸ばすと、より効果的に血流促進できますよ(元陸上部は語る・・・)

とにかく、精神的・身体的ストレスをため込まないということに尽きるのかもしれませんね ^^) _旦~~

最後に

「緊張型頭痛」は、現代人なら誰もがなり得る環境にあると思います。

仕事にプライベートに、ストレスの溜まりやすい環境が整備されちゃってるこの世の中・・・この頭痛に悩まされている人も多いと思います。

実際に、わたくしは頭痛は起きていないけど、ストレスを毎日受けています(^-^;

首筋や肩のコリが強くなった感じがして、これ書いていて切実に心配になっちゃいました(;・∀・)

しかし、お風呂は毎日浸かってるし、毎日30分は歩いてるから少しはマシなのかな・・・

次回はわたくしの周囲にたくさんいる「片頭痛」についてアップします!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です